宅建過去問【2000】 平成12年 問32 宅建業法(宅建士証と登録) 問題と解説

宅建過去問 H12 問32 宅建業法(宅建士証と登録) 問題

宅建士Aが、甲県知事の宅地建物取引主任者資格登録(以下「登録」という。)及び宅地建物取引主任者証(以下「宅建士証」という。)の交付を受けている場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. Aが、甲県知事から宅建士証の交付を受けた際に付された条件に違反したときは、甲県知事は、Aの登録を消除しなければならない。
  2. Aは、宅建士証の有効期間の更新を受けなかったときは、宅建士証を甲県知事に返納しなければならず、甲県知事は、Aの登録を消除しなければならない。
  3. Aは、その住所を変更したときは、遅滞なく、変更の登録の申請とあわせて、宅建士証の書換え交付を甲県知事に申請しなければならない。
  4. Aが、乙県知事に登録の移転の申請とともに、宅建士証の交付の申請をした場合における宅建士証の交付は、Aが現に有する宅建士証に、新たな登録番号その他必要な記載事項を記入する方法で行わなければならない。

「宅建過去問【2000】 平成12年 問32 宅建業法(宅建士証と登録) 問題と解説」の続きを読む…