宅建過去問【2000】 平成12年 問25 農地法 問題と解説

宅建過去問 H12 問25 農地法 問題

農地法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 市街化区域内において4へクタールを超える農地を住宅建設のために取得する場合には、農林水産大臣へ農地法第5条の届出をする必要がある。
  2. 農家が自己所有する市街化調整区域内の農地を転用して、そこに自ら居住する住宅を建設する場合には、農地法第4条の許可を受ける必要がある。
  3. 都道府県が農地を取得する場合には、その取得の目的を問わず、農地法の許可を受ける必要はない。
  4. 農家が農業用施設に転用する目的で1アールの農地を取得する場合には、農地法第5条の許可を受ける必要がある。

「宅建過去問【2000】 平成12年 問25 農地法 問題と解説」の続きを読む…