宅建過去問【1999】 平成11年 問6 民法(停止条件) 問題と解説

宅建過去問 H11 問6 民法(停止条件) 問題

AとBは、A所有の土地をBに売却する契約を締結し、その契約に「AがCからマンションを購入する契約を締結すること」を停止条件として付けた(仮登記の手続は行っていない。)場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 停止条件の成否未定の間は、AB間の契約の効力は生じていない。
  2. AB間の契約締結後に土地の時価が下落したため、停止条件の成就により不利益を受けることとなったBが、AC間の契約の締結を故意に妨害した場合、Aは、当該停止条件が成就したものとみなすことができる。
  3. 停止条件の成否未定の間は、Aが当該A所有の土地をDに売却して所有権移転登記をしたとしても、Aは、Bに対して損害賠償義務を負うことはない。
  4. 停止条件の成否未定の間に、Bが死亡した場合、Bの相続人は、AB間の契約における買主としての地位を承継することができる。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問6 民法(停止条件) 問題と解説」の続きを読む…