宅建過去問【1999】 平成11年 問3 民法(相続) 問題と解説

宅建過去問 H11 問3 民法(相続) 問題

相続に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 相続開始の時において相続人が数人あるとき、遺産としての不動産は、相続人全員の共有に属する。
  2. 被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定めることができ、また相続開始の時から5年を超えない期間内で遺産の分割を禁ずることもできる。
  3. 遺産の分割について共同相続人間に協議が整わないとき、各共同相続人は、その分割を、相続開始時の地方裁判所に請求することができる。
  4. 相続開始の時から3年以上経過した後に遺産の分割をしたときでも、その効力は、第三者の権利を害しない範囲で、相続開始の時にさかのぼって生ずる。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問3 民法(相続) 問題と解説」の続きを読む…