宅建過去問【1999】 平成11年 問27 固定資産税 問題と解説

宅建過去問 H11 問27 固定資産税 問題

固定資産税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 家屋に係る固定資産税は、建物登記簿に登記されている所有者に対して課税されるので、家屋を建築したとしても、登記をするまでの間は課税されない。
  2. 固定資産税の納税通知書は、遅くとも、納期限前10日までに納税者に交付しなければならない。
  3. 新築住宅に対しては、その課税標準を、中高層耐火住宅にあっては5年間、その他の住宅にあっては3年間その価格の1/3の額とする特例が講じられている。
  4. 年の途中において、土地の売買があった場合には、当該土地に対して課税される固定資産税は、売主と買主でその所有の月数に応じて月割りで納付しなければならない。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問27 固定資産税 問題と解説」の続きを読む…