宅建過去問【1998】 平成10年 問28 不動産取得税 問題と解説

宅建過去問 H10 問28 不動産取得税 問題

不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 不動産取得税は、不動産の取得に対し、当該不動産の所在する市町村において、当該不動産の取得者に課せられる。
  2. 宅地の取得に係る不動産取得税の課税標準は、当該取得が平成9年1月1日から平成11年12月31日までに行われた場合には、当該宅地の価格の2/3の額とされる。
  3. 不動産取得税の標準税率100分の4であるが、平成13年6月30日までに住宅を取得した場合の不動産取得税の標準税率は100分の1.4である。
  4. 平成10年4月以降に取得された床面積240㎡である新築住宅に係る不動産取得税の課税標準の算定については、当該新築住宅の価格から1,200万円が控除される。

「宅建過去問【1998】 平成10年 問28 不動産取得税 問題と解説」の続きを読む…