宅建過去問【1998】 平成10年 問20 建築基準法(建築確認) 問題と解説

宅建過去問 H10 問20 建築基準法(建築確認) 問題

建築基準法の確認に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 木造3階建てで、高さ13mの住宅を新築する場合には、建築主事の確認を受けなければならない。
  2. 建築物の改築で、その改築に係る部分の床面積の合計が10㎡以内のものであれば、建築主事の確認の申請が必要となることはない。
  3. 建築物については、建築する場合のほか、修繕をする場合にも建築主事の確認を受けなければならないことがある。
  4. 建築主事は、事務所である建築物について確認をする場合、建築物の工事施工地又は所在地を管轄する消防長又は消防署長の同意を得なければならない。

「宅建過去問【1998】 平成10年 問20 建築基準法(建築確認) 問題と解説」の続きを読む…