宅建過去問【1998】 平成10年 問19 都市計画法(開発許可) 問題と解説

宅建過去問 H10 問19 都市計画法(開発許可) 問題

都市計画法の開発許可に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 開発許可を申請しようとする者は、あらかじめ、開発行為に関係がある公共施設の管理者と協議し、その同意を得なければならない。
  2. 開発許可を申請した場合、開発行為をしようとする土地等について開発行為の施行又は開発行為に関する工事の実施の妨げとなる権利を有する者の相当数の同意を得ていなければ許可を受けることができない。
  3. 自己居住用の住宅を建築するために行う開発行為について開発許可を受ける場合は、道路の整備についての設計に係る開発許可の基準は適用されない。
  4. 開発許可を受けた者は、開発区域の区域を変更した場合においては、都道府県知事に届出をしなければならない。

「宅建過去問【1998】 平成10年 問19 都市計画法(開発許可) 問題と解説」の続きを読む…