宅建過去問【2016】 平成28年 問42 宅建業法(37条書面) 問題と解説

平成28年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H28年 問42 宅建業法(37条書面) 問題

宅地建物取引業法 (以下この間において「法」という。)第37条の規定により交付すべき書面(以下この間において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、Aは 宅地建物取引業者 (消費税課税事業者)である。

  1. Aは、宅地建物取引業者Bと宅地建物取引業者Cの間で締結される宅地の売買契約の媒介においては、37条書面に引渡しの時期を記載しなくてもよい。
  2. Aは、自ら売主として土地付建物の売買契約を締結したときは、37条書面に代金の額を記載しなければならないが、消費税等相当額については記載しなくてもよい。
  3. Aは、自ら売主として、宅地建物取引業者Dの媒介により、宅地建物取引業者Eと宅地の売買契約を締結した。Dが宅地建物取引士をして37条書面に記名押印させている場合、Aは宅地建物取引士をして当該書面に記名押印させる必要はない。
  4. Aは、貸主Fと借主Gの間で締結される建物賃貸借契約について、Fの代理として契約を成立させたときは、 FとGに対して37条書面を交付しなければならない。

「宅建過去問【2016】 平成28年 問42 宅建業法(37条書面) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2016】 平成28年 問39 宅建業法(35条,37条書面の記載事項) 問題と解説

平成28年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H28年 問39 宅建業法(35条,37条書面の記載事項) 問題

宅地建物取引業者が媒介により区分所有建物の貸借の契約を成立させた場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において「重要事項説明書」とは法第35条の規定により交付すべき書面をいい、「37条書面」とは法第37条の規定により交付すべき書面をいうものとする。

  1. 専有部分の用途その他の利用の制限に関する規約において、ペットの飼育が禁止されている場合は、重要事項説明書にその旨記載し内容を説明したときも、37条書面に記載しなければならない。
  2. 契約の解除について定めがある場合は、重要事項説明書にその旨記載し内容を説明したときも、37条書面に記載しなければならない。
  3. 借賃の支払方法が定められていても、貸主及び借主の承諾を得たときは、37条書面に記載しなくてよい。
  4. 天災その他不可抗力による損害の負担に関して定めなかった場合には、その旨を37条書面に記載しなければならない。

「宅建過去問【2016】 平成28年 問39 宅建業法(35条,37条書面の記載事項) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2015】 平成27年 問38 宅建業法(37条書面) 問題と解説

平成27年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H27 問38 宅建業法(37条書面) 問題

宅地建物取引業者Aが宅地建物取引業法第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

ア. Aが売主を代理して中古マンションの売買契約を締結した場合において、瑕疵担保責任の履行に関して講ずべき保証保険契約の締結その他の措置についての定めがあるときは、Aは、その内容を37条書面に記載しなければならず、当該書面を、売主及び買主に交付しなければならない。

イ. Aが媒介により中古戸建住宅の売買契約を締結させた場合、Aは、引渡しの時期又は移転登記の申請の時期のいずれかを37条書面に記載しなければならず、売主及び買主が宅地建物取引業者であっても、当該書面を交付しなければならない。

ウ. Aが自ら貸主として宅地の定期賃貸借契約を締結した場合において、借賃の支払方法についての定めがあるときは、Aは、その内容を37条書面に記載しなければならず、借主が宅地建物取引業者であっても、当該書面を交付しなければならない。

エ. Aが自ら買主として宅地の売買契約を締結した場合において、当該宅地に係る租税その他の公課の負担に関する定めがあるときは、Aは、その内容を37条書面に記載しなければならず、売主が宅地建物取引業者であっても、当該書面を交付しなければならない。

  1. 一つ
  2. 二つ
  3. 三つ
  4. 四つ

「宅建過去問【2015】 平成27年 問38 宅建業法(37条書面) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2013】 平成25年 問35 宅建業法(37条書面) 問題と解説

宅建過去問 H25 問35 宅建業法(37条書面) 問題

宅地建物取引業者が媒介により建物の貸借の契約を成立させた場合、宅地建物取引業法第37条の規定により当該貸借の契約当事者に対して交付すべき書面に必ず記載しなければならない事項の組合せとして、正しいものはどれか。

ア. 保証人の氏名及び住所

イ. 建物の引渡しの時期

ウ. 借賃の額並びにその支払の時期及び方法

工. 媒介に関する報酬の額

オ. 借賃以外の金銭の授受の方法

  1. ア、イ
  2. イ、ウ
  3. ウ、工、オ
  4. ア、工、オ

「宅建過去問【2013】 平成25年 問35 宅建業法(37条書面) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2013】 平成25年 問31 宅建業法(37条書面) 問題と解説

宅建過去問 H25 問31 宅建業法(37条書面) 問題

宅地建物取引業者A社が宅地建物取引業法第37条の規定により交付すべき書面(以下この間において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものの組合せはどれか。

ア.A社は、建物の貸借に関し、自ら貸主として契約を締結した場合に、その相手方に37条書面を交付しなければならない。

イ.A社は、建物の売買に関し、その媒介により契約が成立した場合に、当該売買契約の各当事者のいずれに対しても、37条書面を交付しなければならない。

ウ.A社は、建物の売買に関し、その媒介により契約が成立した場合に、天災その他不可抗力による損害の負担に関する定めがあるときは、その内容を記載した37条書面を交付しなければならない。

工.A社は、建物の売買に関し、自ら売主として契約を締結した場合に、その相手方が宅地建物取引業者であれば、37条書面を交付する必要はない。

  1. ア、イ
  2. イ、ウ
  3. ウ、エ
  4. ア、エ

「宅建過去問【2013】 平成25年 問31 宅建業法(37条書面) 問題と解説」の続きを読む…