宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-31 農地法 問題と解説

不動産鑑定士試験での農地法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。
農地法自体が、条文数も少ない、易しい法律ですので、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-31 農地法 問題

農地法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 遺産の分割によって農地を取得する場合、農地法に基づく許可を受ける必要がある。

ロ. 農地の賃貸借について、登記簿に登記をしなかった場合でも、農地法に基づく許可を得て農地の引渡しを受ければ、その後、その農地について所有権を取得した第三者に対抗することができる。

ハ. 公開会社は、いかなる場合でも農地の貸借権の設定を受けることができない。

ニ. 市街化区域内にある農地を転用する場合、あらかじめ農業委員会に届け出れば農地法上の許可は不要である。

ホ. 市街化調整区域内にある農地を転用する場合、当該農地が利用されておらず既に遊休化しているときには、農地法の許可を受ける必要はない。

  1. イとハ
  2. イとホ
  3. ロとニ
  4. ロとホ
  5. ハとニ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-31 農地法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-25 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-25 宅建業法 問題

宅地建物取引業法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 宅地建物取引業者は、宅地の造成又は建物の建築に関する工事の完了前においては、いかなる場合であっても、当該工事に係る宅地又は建物の売買その他の業務に関する広告をしてはならない。

ロ. 重要事項の説明を行う宅地建物取引士については、必ずしも専任の宅地建物取引士である必要はない。

ハ. 宅地建物取引業者が自ら売主となる建物の売買契約について、当該宅地建物取引業者の事務所において買受けの申込みをした者は、書面により当該買受けの申込みの撤回を行うことができる。

ニ. 宅地建物取引業者は、宅地の売買の媒介契約を締結したときは、宅地建物取引士に、法律で定める事項を記載し記名押印した書面を依頼者に交付させなければならない。

ホ. 宅地建物取引業保証協会に加入しない宅地建物取引業者は,営業保証金を供託し,その供託物受入れの記載のある供託書の写しを添付してその旨をその免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事に届け出た後でなければ,その事業を開始してはならない。

  1. イとロ
  2. イとニ
  3. ロとニ
  4. ロとホ
  5. ハとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-25 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-24 宅地造成規制法 問題と解説

不動産鑑定士で出題される宅地造成規制法は、宅建と同レベルです。
ぜひ、問題を解いてみてください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-24 宅地造成規制法 問題

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地造成工事規制区域の指定のため、他人の占有する土地に立ち入って調査を行う者は、立ち入ろうとする1週間前までに土地の占有者に通知しなければならない。
  2. 都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内であっても、関係市町村長の意見を聞いて、造成宅地防災区域を指定できる。
  3. 宅地造成工事規制区域内において、宅地以外の土地を宅地に転用した者は、転用した日から21日以内にその旨を都道府県知事へ届け出なければならない。
  4. 宅地造成工事規制区域内や造成宅地防災区域内の宅地に擁壁を設置した場合、造成宅地防災区域の指定が解除されることはあっても、宅地造成工事規制区域の指定は解除されない。
  5. 宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事の許可を受けた者が、その工事の計画を変更しようとするときは、都道府県知事が一旦その許可を取り消した上で、再度許可を受ける必要がある。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-24 宅地造成規制法 問題と解説」の続きを読む…

平成28年(2016年)宅建試験【問題】【解答】【解説】合格基準点

★合格規準点=35点

★合格率=15.4%

ランキングに参加しています。
当ブログへの応援クリックよろしくお願いします< (_ _)>
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

平成28年(2016年)宅建試験 正解一覧

科目 解答 難易度 重要度
№1 民法(条文規定) 普通
№2 民法(制限行為能力者) 普通
№3 民法(対抗関係)
№4 民法(抵当権・法定地上権)
№5 民法(債権譲渡) 普通
№6 民法(売主の担保責任)
№7 民法(賃貸・不法行為)
№8 民法(転貸借)
№9 民法(不法行為)
№10 民法(相続)
№11 借地借家法(借地)
№12 借地借家法(借家)
№13 区分所有法 普通
№14 不動産登記法 普通
№15 国土利用計画法(事後届出)
№16 都市計画法 普通
№17 都市計画法(開発許可)
№18 建築基準法
№19 建築基準法
№20 宅地造成等規制法 普通
№21 土地区画整理法
№22 農地法
№23 印紙税
№24 不動産取得税
№25 不動産鑑定評価基準
№26 宅建業法(監督処分) 普通
№27 宅建業法(媒介契約)
№28 宅建業法(8つの制限)
№29 宅建業法(業務上の規制) 普通
№30 宅建業法(重説と37条書面)
№31 宅建業法(保証協会) 普通
№32 宅建業法(広告の規制)
№33 宅建業法(報酬) 普通
№34 宅建業法(業務に関する禁止事項)
№35 宅建業法(宅建業者の免許)
№36 宅建業法(重説の説明事項)
№37 宅建業法(免許換え,免許基準) 普通
№38 宅建業法(宅地建物取引士)
№39 宅建業法(35条,37条書面の記載事項)
№40 宅建業法(営業保証金)
№41 宅建業法(混合問題)
№42 宅建業法(37条書面)
№43 宅建業法(手付金等の保全措置)
№44 宅建業法(クーリング・オフ)
№45 住宅瑕疵担保履行法
№46 住宅金融支援機構 普通
№47 景品表示法 普通
№48 統 計
№49 土地の知識
№50 建物の知識

「平成28年(2016年)宅建試験【問題】【解答】【解説】合格基準点」の続きを読む…