【宅建でも出題があるかも?民法編】 行政書士過去問 H18-33 転貸借

民法で満点が取りたい方のために、宅建試験でも出そうな、行政書士本試験問題を選んで掲載しています。

民法の基本知識の勉強が済んでいない方は、モチベーションが下がる可能性がありますので、
見ない方がいいと思います。
逆に多くの判例を知っておきたいと言う方は、正解不正解に関係なく、
ぜひ、挑戦して頂いて、知識を広げてください。

行政書士民法 H18-33 転貸借 問題

Aはその所有する建物をBに賃貸し、BはAの承諾を得てその建物をCに転貸している。この状況の下で、A・B間の賃貸借契約が終了したので、AはCに建物の明渡しを求めたいと考えている。A・C間の法律関係に関する次のア~オの記述のうち、妥当でないものの組合せはどれか。

ア. A・Bが賃貸借契約を合意解除した場合には、AはそれをCに対抗することができる。

イ. Bが賃借権を放棄した場合には、AはそれをCに対抗することができない。

ウ. Bの債務不履行によってA・B間の賃貸借契約が解除された場合には、AはあらかじめCに催告をしなくてもCに対抗することができる。

エ. A・B間の賃貸借契約が期間満了によって終了した場合には、AはCにその旨を通知しなくても、それをCに対抗することができる。

オ. Aからの正当事由を伴う解約申し入れによりA・B間の賃貸借契約が終了した場合には、AはCにその旨を通知しなければ、それをCに対抗することができない。

  1. ア・イ
  2. ア・ウ
  3. ア・エ
  4. イ・ウ
  5. エ・オ

「【宅建でも出題があるかも?民法編】 行政書士過去問 H18-33 転貸借」の続きを読む…