宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-19 建築基準法(地区) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-19 建築基準法(地区) 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 都市再生特別地区内においては、一定の場合を除き、建築物の容積率及び建ぺい率、建築物の建築面積(同一敷地内に二以上の建築物がある場合においては,それぞれの建築面積)並びに建築物の高さは、都市再生特別地区に関する都市計画において定められた内容に適合するものでなければならない。

ロ. 特定用途誘導地区内においては、地方公共団体は、その地区の指定の目的のために必要と認める場合においては,建築審査会の承認を得て、条例で、用途地域に関する法第48条第1項から第12項までの規定による制限を緩和することができる。

ハ. 高度利用地区内においては、敷地内に道路に接して有効な空地が確保されていること等により、特定行政庁が、交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて許可した建築物については、法第56条第1項第3号の規定による北側斜線制限を適用しない。

ニ. 地区計画等においてその配置及び規模又はその区域が定められた道の相当部分の整備が既に行われており、整備の行われていない道の部分に建築物の建築等が行われることにより整備された道の機能を著しく阻害するおそれがある場合、特定行政庁は、原則として、当該地区計画等の区域において、地区計画等に定められた道の配置及び規模又はその区域に即して、政令で定める基準に従い、予定道路の指定を行うことができる。

ホ. 景観地区内においては、建築物の敷地面積は、景観地区に関する都市計画において建築物の敷地面積の最低限度が定められたときは、当該最低限度以上でなければならないが、学校、駅舎、卸売市場その他これらに類する公益上必要な建築物は、この限りでない。

  1. イとハ
  2. イとニ
  3. ロとニ
  4. ロとホ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-19 建築基準法(地区) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2016】 平成28年 問16 都市計画法 問題と解説

平成28年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H28年 問16 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 市街地開発事業等予定区域に係る市街地開発事業又は都市施設に関する都市計画には、施行予定者をも定めなければならない。
  2. 準都市計画区域については、都市計画に準防火地域を定めることができる。
  3. 高度利用地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区である。
  4. 地区計画については、都市計画に、地区計画の種類、名称、位置、区域及び面積並びに建築物の建ぺい率及び容積率の最高限度を定めなければならない。

「宅建過去問【2016】 平成28年 問16 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1999】 平成11年 問21 建築基準法(容積率) 問題と解説

宅建過去問 H11 問21 建築基準法(容積率) 問題

建築物の容積率(延べ面積の敷地面積に対する割合)に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 容積率の算定に当たり、建築物の延べ面積の1/3を限度として、地下室の床面積を建築物の延べ面積に算入しないとする特例は、住宅以外の用途に供する部分を有する建築物には適用されない。
  2. 容積率の算定に当たっては、共同住宅の共用の廊下又は階段の用に供する部分の床面積は、その建築物の延べ面積には算入しない。
  3. 高度地区内においては、容積率は、高度地区に関する都市計画で定められた内容に適合しなければならない。
  4. 商業地域内で、かつ、防火地域内にある耐火建築物については、容積率制限は適用されない。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問21 建築基準法(容積率) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2014】 平成26年 問15 都市計画法 問題と解説

宅建過去問 H26 問15 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 都市計画区域については、用途地域が定められていない土地の区域であっても、一定の場合には、都市計画に、地区計画を定めることができる。
  2. 高度利用地区は、市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新とを図るため定められる地区であり、用途地域内において定めることができる。
  3. 準都市計画区域においても、用途地域が定められている土地の区域については、市街地開発事業を定めることができる。
  4. 高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途とを適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するために定められる地区であり、近隣商業地域及び準工業地域においても定めることができる。

「宅建過去問【2014】 平成26年 問15 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2003】 平成15年 問17 都市計画法 問題と解説

宅建過去問 H15 問17 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 高層住居誘導地区は、住居と住居以外の用途とを適正に配分し、利便性の高い高層住宅の建設を誘導するため定める地区である。
  2. 第一種住居地域は、低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域であり、第二種住居地域は、中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域である。
  3. 高度利用地区は、用途地域内において市街地の環境を維持し、又は土地利用の増進を図るため、建築物の高さの最高限度又は最低限度を定める地区である。
  4. 地区計画は、市街地の整備改善を図るため街区の整備又は造成が行われる地区について、その地区内における建築物の容積率並びに建築物の高さの最高限度及び壁面の位置の制限を定める計画である。

「宅建過去問【2003】 平成15年 問17 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2011】 平成23年 問16 都市計画法 問題と解説

宅建過去問 H23 問16 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 都市計画区域は、市又は人口、就業者数その他の要件に該当する町村の中心の市街地を含み、かつ、自然的及び社会的条件並びに人口、土地利用、交通量その他の現況及び推移を勘案して、一体の都市として総合的に整備し、開発し、及び保全する必要がある区域を当該市町村の区域の区域内に限り指定するものとされている。
  2. 準都市計画区域については、都市計画に、高度地区を定めることはできるが、高度利用地区を定めることができないものとされている。
  3. 都市計画区域については、区域内のすべての区域において、都市計画に、用途地域を定めるとともに、その他の地域地区で必要なものを定めるものとされている。
  4. 都市計画区域については、無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため、都市計画に必ず市街化区域と市街化調整区域との区分を定めなければならない。

「宅建過去問【2011】 平成23年 問16 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…