宅建試験でも出るかも? 管理業務主任者 過去問 H30-17 建築基準法(高さの制限) 問題と解説

管理業務主任者の過去問で、宅建でも出題がありそうな問題を解説します。

難易度レベルは、ほぼ変わりありませんので、
ぜひ、挑戦して見てください。

管理業務主任者 過去問 H30-17 建築基準法(高さの制限) 問題

建築基準法による「日影による中高層の建築物の高さの制限」(以下、本問において「日影規制」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 日影規制の対象区域とは、同法別表第4に掲げる地域又は区域の全部又は一部で、地方公共団体の条例で指定する区域をいう。
  2. 日影規制の対象となる用途地域には、中高層住居専用地域は含まれるが、近隣商業地域、準工業地域は含まれない。
  3. 同法によれば、日影は、冬至日の日本標準時による午前8時から午後5時までの間において、平均地盤面に生ずるもので判断する。
  4. 建築物が日影規制の対象区域外にあれば、高さが10mを超える建築物でも日影規制は適用されない。

「宅建試験でも出るかも? 管理業務主任者 過去問 H30-17 建築基準法(高さの制限) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1993】 平成5年 問23 建築基準法(高さ制限) 問題と解説

宅建過去問 H5 問23 建築基準法(高さ制限) 問題

建築物の高さの制限に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 道路斜線制限(建築基準法第56条第1項第1号の制限をいう。)は、用途地域の指定のない区域内については、適用されない。
  2. 隣地斜線制限(建築基準法第56条第1項第2号の制限をいう。)は、第一種低層住居専用地域、第一種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域及び第二種中高層住居専用地域内については、適用されない。
  3. 北側斜線制限(建築基準法第56条第1項第3号の制限をいう。)は、第一種低層住居専用地域、第一種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域及び第二種中高層住居専用地域内に限り、適用される。
  4. 日影制限(建築基準法第56条の2の制限をいう。)は、商業地域内においても、適用される。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問23 建築基準法(高さ制限) 問題と解説」の続きを読む…