宅建過去問【1996】 平成8年 問22 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H8 問22 建物の知識 問題

木造建築物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 木材の繊維方向に直交する方向の圧縮の材料強度は、繊維方向の圧縮の材料強度よりも大きい。
  2. 木造建築物の構造設計用の荷重として、地震力より風圧力の方が大きく設定される場合がある。
  3. 木造建築物の耐震性を向上させるには、軸組に筋かいを入れるほか、合板を打ち付ける方法がある。
  4. 木造建築物において、地震力の大きさは、見付面積の大きさより屋根の重さに大きく影響を受ける。(見付面積とは、建築物の張り間方向又はけた行方向の鉛直投影面積で、立面図に見える面積に相当する。)

「宅建過去問【1996】 平成8年 問22 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…