宅建過去問【2016】 平成28年 問18 建築基準法 問題と解説

平成28年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H28年 問18 建築基準法 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 防火地域にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。
  2. 高さ30メートルの建築物には、原則として非常用の昇降機を設けなければならない。
  3. 準防火地域内においては、延べ面積が2,000平方メートルの共同住宅は準耐火建築物としなければならない。
  4. 延べ面積が1,000平方メートルを超える耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ1,000平方メートル以内としなければならない。

「宅建過去問【2016】 平成28年 問18 建築基準法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2000】 平成12年 問22 建築基準法 問題と解説

宅建過去問 H12 問22 建築基準法 問題

次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 住宅は、敷地の周囲の状況によってやむを得ない場合を除き、その1以上の居室の開口部が日照を受けることができるものでなければならない。
  2. 高さ25mの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効に避雷設備を設けなければならない。
  3. 高さ25mの建築物には、安全上支障がない場合を除き、非常用の昇降機を設けなければならない。
  4. 延べ面積が2,000㎡の準耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ500㎡以内としなければならない。

「宅建過去問【2000】 平成12年 問22 建築基準法 問題と解説」の続きを読む…