宅建過去問【1997】 平成9年 問49 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H9 問49 建物の知識 問題

建築物の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 木造2階建の建築物で、隅柱を通し柱としない場合、柱とけた等との接合部を金物で補強することにより、通し柱と同等以上の耐力をもつようにすることができる。
  2. 平面形状が長方形の木造建築物の壁は、多くの場合張り間方向とけた行方向とで風圧力を受ける面積が異なるので、それぞれ所定の計算方式により算出して耐力壁の長さを決める必要がある。
  3. 鉄骨造は、自重が重く、靭性(粘り強さ)が大きいことから大空間を有する建築や高層建築の骨組に適しており、かつ、火熱による耐力の低下が比較的小さいので、鋼材を不燃材料等で被覆しなくても耐火構造とすることができる。
  4. 鉄筋コンクリート造における柱の帯筋やはりのあばら筋は、地震力に対するせん断補強のほか、内部のコンクリートを拘束したり、柱主筋の座屈を防止する効果がある。

「宅建過去問【1997】 平成9年 問49 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2002】 平成14年 問50 建物について 問題と解説

宅建過去問 H14 問50 建物について 問題

建築物の構造に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 木造の建築物に、鉄筋の筋かいを使用してはならない。
  2. 鉄筋コンクリート造に使用される鉄筋は、コンクリートの表面にできる限り近づけて設けるのがよい。
  3. 免震建築物の免震層には、積層ゴムやオイルダンパー(油の粘性を利用して振動や衝撃を和らげる装置)が使用される。
  4. 鉄骨造では、必ず溶接によって接合しなければならない。

「宅建過去問【2002】 平成14年 問50 建物について 問題と解説」の続きを読む…