宅建過去問【2003】 平成15年 問50 建物について 問題と解説

宅建過去問 H15 問50 建物について 問題

建築物の材料に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 集成材は、単板等を積層したもので、伸縮・変形・割れなどが生じにくくなるため、大規模な木造建築物の骨組みにも使用される。
  2. 木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなるため、建築物に使用する際には、その含水率を確認することが好ましい。
  3. 鉄筋コンクリート造に使用される骨材、水及び混和材料は、鉄筋をさびさせ、又はコンクリートの凝結及び硬化を妨げるような酸、塩、有機物又は泥土を含んではならない。
  4. 鉄は、炭素含有量が多いほど、引張強さ及び硬さが増大し、伸びが減少するため、鉄骨造には、一般に炭素含有量が少ない鋼が用いられる。

「宅建過去問【2003】 平成15年 問50 建物について 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2004】 平成16年 問49 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H16 問49 建物の知識 問題

鉄筋コンクリート造の建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 原則として、鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げて、コンクリートから抜け出ないように定着しなければならない。
  2. 構造耐力上主要な部分に係る型わく及び支柱は、コンクリートが自重及び工事の施工中の荷重によって著しい変形又はひび割れその他の損傷を受けない強度になるまでは、取り外してはならない。
  3. 原則として、鉄筋コンクリート造の柱については、主筋は4本以上とし、主筋と帯筋は緊結しなければならない。
  4. 鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁にあっては3cm以上としなければならないが、耐久性上必要な措置をした場合には、2cm以上とすることができる。

「宅建過去問【2004】 平成16年 問49 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…