宅建過去問【2009】 平成21年 問1 民法(錯誤) 問題と解説

宅建過去問 H21 問1 民法(錯誤)問題

民法第95条本文は、「意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。」と定めている。これに関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 意思表示をなすに当たり、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。
  2. 表意者自身において、その意思表示に瑕疵を認めず、民法第95条に基づく意思表示の無効を主張する意思がない場合は、第三者がその意思表示の無効を主張することはできない。
  3. 意思表示をなすについての動機は、表意者が当該意思表示の内容とし、かつ、その旨を相手方に明示的に表示した場合は、法律行為の要素となる。
  4. 意思表示をなすについての動機は、表意者が当該意思表示の内容としたが、その旨を相手方に黙示的に表示したにとどまる場合は、法律行為の要素とならない。

「宅建過去問【2009】 平成21年 問1 民法(錯誤) 問題と解説」の続きを読む…

錯誤

canvasこの錯誤は、司法試験に出題されるような
奥の深い個所になりますが、

宅建の試験においては、誰が錯誤無効を
主張できるのか?

その要件は、整っているのかを聞いてきますので、その辺を重点に、勉強するようにしてください。

「錯誤」の続きを読む…