宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-6 都市計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画法は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H30-6 都市計画法 問題

都市計画法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

イ. 特例容積率適用地区は、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域及び第二種中高層住居専用地域以外の用途地域内の適正な配置及び規模の公共施設を備えた土地の区域において、定める地区とされている。

ロ. 準住居地域は、近隣の住宅地の住民に対する日用品の供給を行うことを主たる内容とする商業その他の業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域とされている。

ハ. 第二種低層住居専用地域については、都市計画に、建築物の高さの限度を定めることとされている。

ニ. 地区計画は、市街地が形成されていない土地の区域については定めることができないものとされている。

ホ. 市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域とされており、原則として用途地域を定めないものとされている。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ロとニ
  4. ハとホ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-6 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-8 都市計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画法は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H30-8 都市計画法 問題

次の説明は、都市計画法に基づく都市施設に関する記述である。次のイからハまでの空欄に入る語句として、正しいものの組合せはどれか。

市街化区域及び( )について定められる都市計画においては、少なくとも道路、( )及び下水道を定めるものとされており、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域及び準住居地域については、都市計画において( )をも定めるものとする。

  1. イ.準都市計画区域 ロ.公園 ハ.義務教育施設
  2. イ.準都市計画区域 ロ.ごみ焼却場 ハ.社会福祉施設
  3. イ.区域区分が定められていない都市計画区域 ロ.公園 ハ.義務教育施設
  4. イ.区域区分が定められていない都市計画区域 ロ.ごみ焼却場 ハ.社会福祉施設
  5. イ.区域区分が定められていない都市計画区域 ロ.公園 ハ.社会福祉施設

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-8 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-9 都市計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画法は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H30-9 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、開発許可を受ける必要がある開発行為はどれか。ただし、許可を受ける必要がある開発行為の規模については、条例による定めはないものとする。

  1. 市街化区域において、畜舎の建築の用に供する目的で行う3,000平方メートルの開発行為
  2. 区域区分が定められていない都市計画区域において、都市計画事業の施行として行う1,000平方メートルの開発行為
  3. 準都市計画区域において、農業を営む者の居住の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行う3,000平方メートルの開発行為
  4. 市街化調整区域において、変電所の建築の用に供する目的で行う1,000平方メートルの開発行為
  5. 市街化調整区域において、非常災害のため必要な応急措置として行う1,000平方メートルの開発行為

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-9 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-10 都市計画法 問題と解説

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画法は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H30-10 都市計画法 問題

都市計画法に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものの組合せはどれか。ただし,以下の記述のうち、「都道府県知事」は指定都市、中核市又は施行時特例市の長を含むものとする。

イ. 開発許可を受けようとする者は、開発行為に関係がある公共施設の管理者と協議したことを証する書面を都道府県知事に提出しなければならない。

ロ. 開発許可を受けた者は、当該開発区域の全部について当該開発行為に関する工事を完了したときは、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。

ハ. 開発許可を受けた開発区域内の土地において、都道府県知事が支障がないと認めたときは、工事の完了公告が行われる前に建築物を建築することができる。

ニ. 都道府県知事が、用途地域の定められていない土地の区域における開発行為について、当該土地に建築物の敷地、構造及び設備に関する制限を定めて開発許可をしている場合、当該土地の区域内においては、環境の保全上の支障がない場合であっても、これらの制限に違反して建築物を建築してはならない。

ホ. 市街化調整区域のうち開発許可を受けた開発区域以外の区域内においては、仮設建築物の新築をすることができる。

  1. イとハ
  2. イとニ
  3. ロとニ
  4. ロとホ
  5. ハとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-10 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…