不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 都市計画法⑤(開発許可)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H27 都市計画法⑤ 問題

次のイからホまでの記述のうち、都市計画法の許可を要さない開発行為の組み合わせはどれか。ただし、許可を要する開発行為の面積については、条例による定めはないものとする。

イ. 市街化区域内の土地において、都市計画事業の施行として行う1,500平方メートルの土地の区画形質の変更

ロ. 都市計画区城及び準都市計画区域外の区域内の土地において行う、工場の建築を目的とした12,000平方メートルの区画形質の変更

ハ. 市街化調整区域内の土地において行う、社会福祉事業の用に供する施設である建築物の建築を目的とした2,000平方メートルの土地の区画形質の変更

ニ. 区域区分が定められていない都市計画区域内の土地において行う、野球場の建設を目的とした13,000平方メートルの土地の区画形質の変更

ホ. 市街化調整区域内の土地において行う、畜舎の建築を目的とした4,000平方メートルの土地の区画形質の変更

  1. イとハ
  2. イとホ
  3. ロとハ
  4. ロとニ
  5. ニとホ

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 都市計画法⑤(開発許可)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 都市計画法④(地区計画)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H27 都市計画法④ 問題

都市計画法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 地区計画は、用途地域が定められていない土地の区域においては、定めることができない。

ロ. 現に土地の利用状況が著しく変化しつつあり、又は著しく変化することが確実であると見込まれる土地の区域における地区計画については、開発整備促進区を都市計画に定めるものとされている。

ハ. 再開発等促進区を定める地区計画においては、都市計画に、道路、公園等(都市計画施設及び地区施設を除く。)の配置及び規模について定めるものとされている。

ニ. 地区計画を都市計画に定める際、当該地区計画の全部又は一部について地区整備計画を定めることができない特別の事情があるときは、当該区域の全部又は一部について地区整備計画を定めることを要しない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとハ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 都市計画法④(地区計画)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 都市計画法③(地域地区)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H27 都市計画法③ 問題

都市計画法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 工業地域は、工業の利便を増進するため定める地域であり、準工業地域は、主として工業の利便を増進するため定める地域である。

ロ. 第一種住居地域は、住居の環境を保護するため定める地域であり、第二種住居地域は、道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するために定める地域である。

ハ. 特別用途地区は、地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため、用途地域内の一定の地区において当該用途地域の指定を補完して定める地区である。

ニ. 特定用途制限地域は、良好な環境の形成又は保持のため当該地域の特性に応じて合理的な土地利用が行われるよう、制限すべき特定の建築物等の用途の概要を定める地域であり、用途地域が定められていない土地の区域(市街化調整区域を除く。)内において定める地域である。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとハ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 都市計画法③(地域地区)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 都市計画法②(準都市計画区域)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H27 都市計画法② 問題

次のイからニまでの都市計画法における地域地区のうち、準都市計画区域において定められないものの組み合わせはどれか。

イ. 防火地域

ロ. 高度地区

ハ. 臨港地区

ニ. 風致地区

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとハ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 都市計画法②(準都市計画区域)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 都市計画法(都市計画区域)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H27 都市計画法 問題

都市計画法に関する次のイからニまでの記述のうち,正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 都道府県は、新たに住居都市、工業都市その他の都市として開発し、及び保全する必要がある区域を都市計画区域として指定するものとされている。

ロ. 都道府県は、都市計画区域外の区域のうち、そのまま土地利用を整序し、又は環境を保全するための措置を講ずることなく放置すれば、将来における一体の都市としての整備、開発及び保全に支障が生じるおそれがあると認められる一定の区域を、準都市計画区域として指定することができる。

ハ. 都市計画区域において、都道府県が必要と認める場合には、当該都市計画区域の整備、開発及び保全の方針を定めることができる。

ニ. 都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るために必要があるときは、都市計画に、市街化区域と市街化調整区域との区分を定めなければならない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとハ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 都市計画法(都市計画区域)」の続きを読む…