不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 都市計画法⑤(開発許可)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H26 都市計画法⑤ 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 「開発許可」とは、主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更をいう。
  2. 開発許可を受けた者は、当該開発区域の全部について当該開発行為に関する工事を完了したときは、その旨を都道府県知事に届け出なければならない。
  3. 市街化区域内の区域で、開発許可を受けた開発区域内において、工事完了公告があった後は、当該開発許可に係る予定建築物等以外の建築物を新築してはならない。
  4. 開発行為をしようとする土地等につき当該開発行為の施行又は当該開発行為に関する工事の実施の妨げとなる権利を有する者の相当数の同意を得なければ、開発許可を受けることができない。
  5. 開発許可を申請しようとする者は、あらかじめ開発行為に関する工事により設置される公共施設を管理することとなる者と協議しなければならない。

「不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 都市計画法⑤(開発許可)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 都市計画法④(混合問題)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H26 都市計画法④ 問題

都市計画法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 地区整備計画が定められている地区計画の区域において、土地の区画形質の変更、建築物の建築等を行おうとする場合には、市町村長の許可を受けなければならない。

ロ. 風致地区内における建築物の建築、宅地の造成等の行為については、政令で定める基準に従い、地方公共団体の条例で、都市の風致を維持するために必要な規制をすることができる。

ハ. 市街地開発事業の施行区域内において建築物を建築しようとする場合であっても、当該建築物の階数が2以下であり、かつ、地階を有しない木造の建築物の改良又は移転の場合には、都道府県知事(市の区域内にあっては、当該市の長)の許可を受けることを要しない。

ニ. 国土交通大臣又は都道府県知事が、都市計画事業の認可又は承認の告示をした後においては、当該事業地内において、都道府県知事(市の区域内にあっては、当該市の長)が許可したものを除いては、一切の土地の形質の変更又は建築物の建築その他工作物の建設を行ってはならない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとハ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 都市計画法④(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 都市計画法③(地域地区)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H26 都市計画法③ 問題

都市計画法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 第一種中高層住居専用地域、商業地域及び工業地域については、建築物の容積率を定めるものとされている。

ロ. 高度利用地区については、建築物の容積率の最高限度及び最低限度、建築物の建ぺい率の最高限度並びに建築物の高さの最高限度を定めるものとされている。

ハ. 第一種低層住居専用地域については、建築物の建ぺい率を定めるものとされている。

ニ. 地区計画については、当該地区の容積率の最高限度及び最低限度を定めるものとされている。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとハ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 都市計画法③(地域地区)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 都市計画法②(地域地区)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H26 都市計画法② 問題

都市計画法に関する次のイからニまでの記述のうち,正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 高度地区は、第一種低層住居専用地域及び第二種低層住居専用地域内においては、定めることができない。

ロ. 特定用途制限地域は、用途地域において定めることができる。

ハ. 第二種低層住居専用地域は、主として低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域であり、当該地域については、義務教育施設をも定めるものとされている。

ニ. 準住居地域は、道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域である。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとハ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 都市計画法②(地域地区)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 都市計画法(準都市計画区域)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H26 都市計画法 問題

都市計画法に関する次のイからニまでの記述のうち,正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 準都市計画区域については、区域区分を定めることができない。

ロ. 準都市計画区域については、用途地域を定めることができない。

ハ. 準都市計画区域については、地区計画を定めることができない。

ニ. 準都市計画区域内の土地の所有者は、都市計画の決定等の提案をすることができない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとハ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 都市計画法(準都市計画区域)」の続きを読む…