不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法⑥(開発許可)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H19 都市計画法⑥ 問題

次のイからニまでの区域のうち、農業を営む者の居住の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行う開発行為をする場合、都市計画法の開発許可が必要となる区域はいくつあるか。ただし、開発行為の規模は、5,000平方メートルとする。

イ. 市街化区域

ロ. 市街化調整区域

ハ. 区域区分が定められていない都市計画区域

ニ. 準都市計画区域

  1. 必要となる区域はない
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
  5. 4つ

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法⑥(開発許可)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法⑤(開発許可)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H19 都市計画法⑤ 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。ただし、次の記述のうち「都道府県知事」は、指定都市、中核市又は特例市の長を含むものとする。

  1. 市街化調整区域のうち開発許可を受けた開発区域以外の区域内において、都市計画事業の施行として行う建築物の新築は、都道府県知事の許可を受けなくてもよい。
  2. 市街化調整区域のうち開発許可を受けた開発区域以外の区域内においては、農業を営む者の居住の用に供する建築物の新築は、都道府県知事の許可を受けなくてもよい。
  3. 都道府県知事は、市街化区域における開発行為について開発許可をする場合において必要があると認めるときは、当該開発区域内の土地について、建築物の建ぺい率に関する制限を定めることができる。
  4. 開発許可を受けた開発区域内の土地においては、開発行為に関する工事完了の公告の前であっても、都道府県知事が支障がないと認める建築物であれば、建築することができる。
  5. 開発許可を受けた開発区域内の土地においては、都道府県知事の許可を受ければ、開発行為に関する工事完了の公告があった後に、開発許可に係る予定建築物以外の建築物を新築することができる。

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法⑤(開発許可)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法④(開発許可)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H19 都市計画法④ 問題

次に掲げる行為のうち、都市計画法の開発許可を受ける必要があるものとして正しいものはどれか。

  1. 区域区分が定められていない都市計画区域内において、工場の建築の用に供する目的で行う5,000平方メートルの土地の区画形質の変更
  2. 市街化調整区域内において、土地区画整理事業の施行として行う1,000平方メートルの土地の区画形質の変更
  3. 市街化区域内において、公民館の建築の用に供する目的で行う1,000平方メートルの土地の区画形質の変更
  4. 都市計画区域及び準都市計画区域外の区域内において、大学の建築の用に供する目的で行う5,000平方メートルの土地の区画形質の変更
  5. 準都市計画区域内において、墓園の建築の用に供する目的で行う5,000平方メートルの土地の区画形質の変更

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法④(開発許可)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法③(地区計画)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H19 都市計画法③ 問題

都市計画法における地区計画について、次の条件に該当する地区整備計画においては、用途地域内の適正な配置及び規模の公共施設を備えた土地の区域において、建築物の容積を適正に配分することが当該地区整備計画の区域の特性に応じた合理的な土地利用の促進を図るために特に必要と認められるときは、当該地区整備計画の区域を区分して建築物の容積率の最高限度を定めるものとされている。当該区域を次の条件すべてに該当するA区域とB区域に区分して定める建築物の容積率の最高限度の組み合わせとして誤っているものはどれか。

  • (条件1) 当該地区整備計画の区域はA区域及びB区域の2つに区分されている。
  • (条件2) A区域の面積は5,000平方メートル、B区域の面積は10,000平方メートルである。
  • (条件3) 当該地区整備計画の区域内の用途地域において定められた建築物の容積率は、10分の30である。
選択肢 A区域の建築物の容積率の最高限度 B区域の建築物の容積率の最高限度
1 10分の20 10分の35
2 10分の20 10分の40
3 10分の40 10分の20
4 10分の40 10分の25
5 10分の50 10分の20

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法③(地区計画)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法②(地域地区)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H19 都市計画法② 問題

都市計画法における地域地区に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 特別用途地区は、用途地域内の一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため当該用途地域の指定を補完して定める地区である。
  2. 用途地域は、区域区分を定めていない都市計画区域内には定めることができない。
  3. 近隣商業地域は、近隣の住宅地の住民に対する日用品の供給を行うことを主たる内容とする商業その他の業務の利便を増進するため定める地域であり、商業地域は主として商業その他の業務の利便を増進するため定める地域である。
  4. 用途地域については、建築物の容積率及び建築物の敷地面積の最低限度を都市計画に定めるものとされているが、このうち建築物の敷地面積の最低限度については、当該地域における市街地の環境を確保するため必要な場合に限り都市計画に定めるものとされている。
  5. 特例容積率適用地区は、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域及び工業専用地域を除く用途地域内の適正な配置及び規模の公共施設を備えた土地の区域において、未利用となっている建築物の容積の活用を促進して土地の高度利用を図るため定める地区である。

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法②(地域地区)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法(混合問題)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H19 都市計画法 問題

都市計画法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 地区計画の区域のうち地区整備計画が定められている区域内において、土地の区画形質の変更又は建築物の建築を行おうとする者は、当該行為に着手した後速やかに行為の種類、場所及び設計又は施行方法を市町村長に届け出なければならない。

ロ. 都市計画事業の認可の告示があった後においては、当該事業地内において、都市計画事業の施行の障害となるおそれがある土地の形質の変更若しくは建築物の建築その他工作物の建設を行おうとする者は、都道府県知事の許可を受けなければならない。

ハ. 都市計画施設の区域内において建築物の建築をしようとする者は、一定の軽易な行為、非常災害のため必要な応急措置として行う行為等を除き、都道府県知事の許可を受けなければならない。

ニ. 施行予定者が定められている都市計画施設の区域内において土地の形質の変更又は建築物の建築その他工作物の建設を行おうとする者は、通常の管理行為、一定の軽易な行為、非常災害のため必要な応急措置として行う行為等を除き、当該施行予定者の許可を受けなければならない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ロとハ
  4. ハとニ
  5. ロとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 都市計画法(混合問題)」の続きを読む…