宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H18-21 建築基準法(単体規定) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H18-21 建築基準法(単体規定) 問題

共同住宅に関する次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 避難階段から屋外に通ずる出口の戸には、かぎを使用すれば屋外に自由かつ容易に出ることができる施錠装置を設けなければならない。
  2. 高さ31mを超える共同住宅には、高さ31mを超える部分を階段室の用途に供するもの等一定のものを除き、非常用の昇降機を設けなければならない。
  3. 居室には換気のための窓その他の開口部を設け、その換気に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して、20分の1以上としなければならないが、一定の技術的基準に従って換気設備を設けた場合は、その必要はない。
  4. 高さ20mの共同住宅には、避雷設備を設けなくてもよい。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H18-21 建築基準法(単体規定) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2000】 平成12年 問22 建築基準法 問題と解説

宅建過去問 H12 問22 建築基準法 問題

次の記述のうち、建築基準法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 住宅は、敷地の周囲の状況によってやむを得ない場合を除き、その1以上の居室の開口部が日照を受けることができるものでなければならない。
  2. 高さ25mの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効に避雷設備を設けなければならない。
  3. 高さ25mの建築物には、安全上支障がない場合を除き、非常用の昇降機を設けなければならない。
  4. 延べ面積が2,000㎡の準耐火建築物は、防火上有効な構造の防火壁によって有効に区画し、かつ、各区画の床面積の合計をそれぞれ500㎡以内としなければならない。

「宅建過去問【2000】 平成12年 問22 建築基準法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2014】 平成26年 問17 建築基準法 問題と解説

宅建過去問 H26 問17 建築基準法 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 住宅の地上階における居住のための居室には、採光のための窓その他の開口部を設け、その採光に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して7分の1以上としなければならない。
  2. 建築確認の対象となり得る工事は、建築物の建築、大規模の修繕及び大規模の模様替であり、建築物の移転は対象外である。
  3. 高さ15mの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効に避雷設備を設けなければならない。
  4. 準防火地域内において建築物の屋上に看板を設ける場合は、その主要な部分を不燃材料で造り、又は覆わなければならない。

「宅建過去問【2014】 平成26年 問17 建築基準法 問題と解説」の続きを読む…