宅建過去問【1994】 平成6年 問13 民法(遺言) 問題と解説

宅建過去問 H6 問13 民法(遺言) 問題

遺言に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

  1. 遺言に停止条件が付けられた場合、その条件が遺言の死亡後成就しても、遺言の効力は生じない。
  2. 遺言は、家庭裁判所の検認の手続を経なければ、効力を生じない。
  3. 遺言の証人には、遺言者の長女の夫も、なることができる。
  4. Aが公正証書で土地をBに遺贈すると遺言した場合でも、後に自筆証書でこれをCに遺贈すると遺言したときは、Bは、Aが死亡しても、当該土地の所有権を取得しない。

「宅建過去問【1994】 平成6年 問13 民法(遺言) 問題と解説」の続きを読む…