不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 農地法

不動産鑑定士試験での農地法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。農地法自体が、条文数も少ない、易しい法律ですので、
ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 農地法 問題

農地の権利移動(農地を農地以外のものにするためのものを除く。)に関する次のイからホまでの記述のうち,正しいものはいくつあるか。

イ. 法人が農地の賃借権を取得する場合は、必ず農地取得適格法人の要件を満たさなければならない。

ロ. 個人が農地の賃借権を取得する場合は、民法の規定に基づき、その賃借権の存続する期間は20年を超えることができない。

ハ. 農地の賃貸借契約については、当事者は、書面によりその契約の内容を明らかにしなければならない。

二. 株式会社は、農地の所有権を取得することができない。

ホ. 都道府県が農地の賃借権を取得する場合は、農地法に基づく許可を受けなければならない。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. 正しいものはない

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 農地法」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 不動産登記法(混合問題)

不動産鑑定士で出題される不動産登記法は、宅建士の不動産登記法と比べて、
同レベルの難易度ですから、参考になる問題ばかりだと思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 不動産登記法 問題

不動産登記に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものをすべて揚げた組み合わせはどれか。

イ. 不動産について、一定の場合には、占有権に関する登記をすることができる。

ロ. 登記記録の甲区には、所有権に関する事項が記録され、乙区には所有権以外の権利に関する事項が記録される。

ハ. 権利に関する登記の抹消は、登記上の利害関係を有する第三者がある場合には、当該第三者の承諾がなければ、申請することはできない。

ニ. 法人の合併による権利の移転の登記は、登記権利者が単独で申請することができる。

ホ. 登記上の利害関係を有する者でなければ、登記事項証明書の交付を申請することはできない。

  1. イとハ
  2. イとホ
  3. ロとハ
  4. ロとニ
  5. ニとホ

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 不動産登記法(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 土地区画整理法②(定義)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 土地区画整理法② 問題

土地区画整理事業に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものをすべて揚げた組み合わせはどれか。

イ. 施行地区とは、都市計画に定められた区域をいう。

ロ. 埋立又は干拓に関する事業があわせて行われる場合には、これらの事業は土地区画整理事業に含まれる。

ハ. 竹木の所有を目的とする地上権は、土地区画整理法上、「借地権」として扱われない。

ニ. 土地区画整理事業は、市街化区域内の土地について、公共施設の整備改善及び宅地の利用の増進を図るために行われる土地の区画形質の変更及び公共施設の新設又は変更に関する事業をいう。

  1. イとロ
  2. ロとハ
  3. ハとニ
  4. イとロとハ
  5. ロとハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 土地区画整理法②(定義)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 土地区画整理法(清算金)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものをすべて揚げた組み合わせはどれか。

イ. 清算金を徴収する権利は、3年間行わない場合においては、時効により消滅する。

ロ. 清算金は、分割徴収することができるが、分割交付をすることはできない。

ハ. 組合は、清算金を滞納する者がいる場合は、定款で定めるところにより、督促手数料及び延滞金を徴収することができる。

ニ. 換地計画において定められた清算金は、換地処分があった旨の公告があった日の翌日に確定する。

  1. イとロ
  2. ロとハ
  3. ハとニ
  4. イとロとハ
  5. ロとハと二

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 土地区画整理法(清算金)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法⑤(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 建築基準法⑤ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

イ. 建築協定書について認可を申請しようとするときは、土地の共有者又は共同借地権者についても全員の同意がなければならない。

ロ. 法第86条第1項又は第2項に規定される認定により、建築物の一の敷地とみなされれた区域内において、同条第1項又は2項の規定により一の敷地内にあるものとみなされる建築物以外の建築物を建築しようとする者は、当該区域内の土地所有者全員の同意を得なければならない。

ハ. 建築物が防火地域又は準防火地域とこれらの地域として指定されていない区域にわたる場合においては、その全部についてそれぞれ防火地域又は準防火地域内の建築物に関する規定を適用する。ただし、その建築物が防火地域又は準防火地域外において防火壁で区画されている場合においては、その防火壁外の部分については、この限りではない。

ニ. 隣地境界線から後退して壁面線の指定がある場合において、当該壁面線として定められた限度の線を超えない建築物(ひさしその他の建築物の部分で政令で定めるものを除く。)は、法第53条の建ぺい率の規定は適用されない。

ホ. 地方公共団体は、特殊建築物等の敷地が道路に接する部分の長さその他その敷地又は建築物と道路との関係についてこれらの建築物の用途又は規模の特殊性により、法第43条第1項の規定によっては避難又は通行の安全の目的を充分に達し難いと認められる場合においては、条例で、必要な制限を付加することができる。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. すべて誤っている

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法⑤(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法④(用途制限)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 建築基準法④ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるものについては、店舗の用途にかかわらず、第一種低層住居専用地域内に建築することができる。
  2. 近隣商業地域には、店舗、飲食店、展示場、遊技場、勝馬投票券発売所、場外車券売場その他これらに類する用途で政令で定めるものに供する建築物でその用途に供する部分の床面積の合計が10,000平方メートルを超えるものは建築することができない。
  3. 用途地域の指定のない市街化区域においては、いかなる建築物も建築することができる。
  4. 特別用途地区内においては、法第48条第1項から第12項までに定めるものを除くほか、その地区の指定の目的のためにする建築物の建築の制限又は禁止に関して必要な規定は、地方公共団体の条例で定める。この場合において、法第48条の規定による制限を緩和することはできない。
  5. 都市再生特別地区に関する都市計画において定められた誘導すべき用途に供する建築物については、法48条に規定する用途制限は、適用しない。

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法④(用途制限)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法③(集団規定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 建築基準法③ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものをすべて揚げた組合せはどれか。

イ. 私道は、法上の道路であっても土地所有が自由に変更又は廃止することができる。

ロ. 高架の工作物内に設ける建築物で特定行政庁が周囲の状況により交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるものについては、法第56条の斜線制限は適用されない。

ハ. 容積率の制限は、都市計画において定められた数値によるが、建築物の前面道路の幅員が12メートル未満である場合には、当該前面道路の幅員のメートルの数値に法第52条第2項各号に定められた数値を乗じたもの以下でなければならい。

ニ. 法第59条の2の特定行政庁による許可を受けた敷地内に一定の空地を有する建築物については、法第52条の容積率、法第53条の建ぺい率又は法第56条の斜線制限の規定による限度を超えることができる。

ホ. 景観地区内においては、公衆便所等公益上必要な建築物についても、その高さが、景観地区に関する都市計画において定められた建築物の高さの最低限度以上でなければならない。

  1. イとロ
  2. イとロとハ
  3. イと二とホ
  4. ロとハとニ
  5. ロとハとホ

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法③(集団規定)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法②(単体規定)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 建築基準法② 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 敷地内の排水に支障がない場合又は建築物の用途により防湿の必要がない場合を除いて、建築物の敷地は、これに接する道の境より高くなければならず、建築物の地盤面は、これに接する周囲の土地より高くなければならない。
  2. 高さ15メートルの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合を除き、有効に避雷設備を設けなければならない。
  3. 避難階段から屋外に通ずる出口に設ける戸の施錠装置は、特定の建築物である場合を除いて、屋内から鍵を用いることがなく解錠できるものとし、かつ、当該戸の近くの見やす場所にその解錠方法を表示しなけれなならない。
  4. 共同住宅の住戸の床面積の合計が100平方メートルを超える階における共用廊下について、当該廊下の両側に居室がある場合と片側のみに居室がある場合で、求められる廊下の幅の最低基準値は異なる。
  5. 階段に代えて傾斜路を設ける場合、表面を粗面又はすべりにくい材料で仕上げなければならい。

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法②(単体規定)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H24 建築基準法 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 特定行政庁は、市街地に災害あった場合において都市計画又は土地区画整理事業のため必要があると認めるときは、区域を指定し、災害が発生した日から1月以内の期間を限り、その区域内における建築物の建築を制限又は禁止することができるが、その期間を延長することはできない。
  2. 特定行政庁は、仮設店舗について安全上、防火上及び衛生上支障がないと認める場合においては、一定期間を定めてその建築を許可することができるが、この場合でも定期に当該仮設店舗の状況を調査させ、その結果を報告させる必要がある。
  3. 共同住宅で、その床面積の合計が200平方メートルであるものについて大規模の修繕をしようとする場合、工事に着手する前に、その計画について建築主事の確認を受けなければならない。
  4. 特定行政庁は、建築基準法に違反した建築物について、緊急の必要がある場合においては、一定の手続きによらずに、建築主等に対して、直ちに当該建築物を除去するよう、命ずることができる。
  5. 文化財保護法の規定により国宝に指定された建築物についても、建築基準法の規定は適用される。

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 建築基準法(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 都市計画法⑥(開発許可)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H24 都市計画法⑥ 問題

都市計画法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

イ. 開発許可を受けた者から当該開発区域内の土地の所有者権を取得した者は、開発審査会の議を経なければ、当該開発許可を受けた者が有していた当該開発許可に基づく地位を承継することはできない。

ロ. 開発行為をしようとする場合、工事の実施の妨げとなる権利を有する者の相当数の同意を得なければならない。

ハ. 開発許可を受けた開発区域内の土地において、当該開発許可を受けた開発行為に関する工事用の仮設建築物を建築する場合、都道府県知事の許可を受けなければならない。

二. 二以上の都府県にまたがる開発行為は、国土交通大臣の許可を受けなければならい。

ホ. 市街化調整区域において行う開発行為であって開発審査会の議を経たものについては、一切開発許可を要しない。

  1. 1つ
  2. 2つ
  3. 3つ
  4. 4つ
  5. すべて正しい

「不動産鑑定士 過去問 【2012】 平成24年 都市計画法⑥(開発許可)」の続きを読む…