不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 農地法

不動産鑑定士試験での農地法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。
農地法自体が、条文数も少ない、易しい法律ですので、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H27 農地法 問題

農地法に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

  1. 雑種地を開墾し,現に畑として耕作されている土地であっても,土地登記簿上の地目が雑種地である限り,農地法の適用を受ける農地には当たらない。
  2. 遺産の分割により農地の所有権が移転される場合でも,農地法に基づく許可を得る必要がある。
  3. 株式会社は,農地の所有権を取得することができない。
  4. 都市計画法に基づく市街化調整区域内にある農地を農地以外のものにする場合は,農地法に基づく都遺府県知事の許可を受ける必要はない。
  5. 住宅を建設するために農地法第4条第1項の許可を受けた農地について,その後,住宅建設の工事着工前に,現況が農地の状態で住宅建設目的で売却する場合には,改めて農地法第5条第1項の許可を受ける必要がある。

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 農地法」の続きを読む…