不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 農地法

不動産鑑定士試験での農地法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。農地法自体が、条文数も少ない、易しい法律ですので、
ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H26 農地法 問題

農地法に関する次のイからホまでの記述のうち,正しいもの組み合せはどれか。

イ. 農地の権利移転の許可については、条件を付けることができる。

ロ. 農業委員会の許可を得れば、公開会社であっても農地を賃貸して農業を行うことは可能である。

ハ. 市街化区域内の農地の権利移動(農地を農地以外の者にするためのものを除く。)については、農業委員会の許可は不要である。

二. 農地の賃貸借契約は、必ずしも書面で行う必要はない。

ホ. 農地の賃貸借の存続期間は、民法の規定により20年を超えることはできない。

  1. イとロ
  2. イと二
  3. ロとホ
  4. ハと二
  5. ハとホ

「不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 農地法」の続きを読む…