不動産鑑定士 過去問 【2008】 平成20年 農地法

不動産鑑定士試験での農地法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。
農地法自体が、条文数も少ない、易しい法律ですので、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H20 農地法 問題

農地法の農地の権利移動(農地を農地以外のものにするためのものを除く。)の制限及び賃借権の解約等の制限に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

イ. 農地の所有権を移転する際、農業委員会の許可が必要である。

ロ. 農地の所有権を移転する際、現に耕作の目的に供されている農地であっても、土地登記簿上の地目が宅地の場合には、農地法に基づく許可は不要である。

ハ. 遺産の分割により農地の所有権が移転される場合は、農地法に基づく許可は不要であるが、農業委員会に届け出なければならない。

ニ. 農地の賃貸借について合意による解約をする場合、その解約が、その解約によって農地を引き渡すこととなる期限前6ヶ月以内に成立した合意で、その旨が書面において明らかであるものに基づいて行われる場合は、農地法に基づく許可は不要である。

ホ. 市街化区域内にある農地の所有権を耕作目的で移転する場合には、あらかじめ農業委員会に届出をすれば、農地法に基づく許可は不要である。

  1. 正しいものはない
  2. 1つ
  3. 2つ
  4. 3つ
  5. 4つ

「不動産鑑定士 過去問 【2008】 平成20年 農地法」の続きを読む…