不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 農地法

不動産鑑定士試験での農地法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。
農地法自体が、条文数も少ない、易しい法律ですので、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H19 農地法 問題

農地法による農地(農地法第73条の適用があるものを除く。)の賃貸借(農地を農地以外のものにするためのものを除く。)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 農地の賃貸借は、その登記がなくても、農地の引渡しがあれば、これをもってその後にその農地を買い受けた第三者に対抗することができる。

ロ. 農地の賃貸借契約は、賃借入の申出によらない限り、解約することができない。

ハ. 農地を無償で貸している場合には、期間満了とともに、許可を得ることなく契約を終了することができる。

ニ. あらかじめ都道府県知事や農業委員会に届出をした場合には、農地法の許可を受けずに行った農地の賃貸借であっても効力が発生する。

ホ. 農業経営基盤強化促進法第四条の規定による公告があった農用地利用集積計画の定めるところによって設定された賃借権について、期間満了とともに、その契約を終了する場合には、当事者はその期間満了の前の一定期間中に更新しない旨の通知をする必要がある。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ロとニ
  4. ハとホ
  5. ニとホ

「不動産鑑定士 過去問 【2007】 平成19年 農地法」の続きを読む…