宅建過去問【1999】 平成11年 問41 宅建業法(賃貸の重要事項説明) 問題と解説

宅建過去問 H11 問41 宅建業法(賃貸の重説) 問題

1棟の建物に属する区分所有建物の貸借の媒介を行う場合の宅地建物取引業法第35条の規定に基づく重要事項の説明に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 当該1棟の建物の敷地に関する権利の種類及び内容を説明しなければならない。
  2. 台所、浴室、便所その他の当該区分所有建物の設備の整備の状況について説明しなければならない。
  3. 当該1棟の建物及びその敷地の管理がA(個人)に委託されている場合には、Aの氏名及び住所を説明しなければならない。
  4. 貸借契約終了時における敷金その他の金銭の精算に関する事項が定まっていない場合には、その旨を説明しなければならない。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問41 宅建業法(賃貸の重要事項説明) 問題と解説」の続きを読む…