宅建過去問【2017年】 平成29年 問42 宅建業法(広告の規制) 問題と解説

平成29年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H29年 問42 宅建業法(広告の規制) 問題

宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。

ア. 宅地の販売広告において、宅地の将来の環境について、著しく事実に相違する表示をしてはならない。

イ. 宅地又は建物に係る広告の表示項目の中に、取引物件に係る現在又は将来の利用の制限があるが、この制限には、都市計画法に基づく利用制限等の公法上の制限だけではなく、借地権の有無等の私法上の制限も含まれる。

ウ. 顧客を集めるために売る意思のない条件の良い物件を広告することにより他の物件を販売しようとした場合、取引の相手方が実際に誤認したか否か、あるいは損害を受けたか否かにかかわらず、監督処分の対象となる。

エ. 建物の売却について代理を依頼されて広告を行う場合、取引態様として、代理であることを明示しなければならないが、その後、当該物件の購入の注文を受けたとき、広告を行った時点と取引態様に変更がない場合でも、遅滞なく、その注文者に対し取引態様を明らかにしなければならない。

  1. 一つ
  2. 二つ
  3. 三つ
  4. 四つ

「宅建過去問【2017年】 平成29年 問42 宅建業法(広告の規制) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1993】 平成5年 問42 宅建業法(広告の規制) 問題と解説

宅建過去問 H5 問42 宅建業法(広告の規制) 問題

宅地建物取引業者の広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 新聞折込広告で、実際に取引する意思のない物件を分譲すると広告した場合、宅地建物取引業法に違反して、6月以下の懲役に処せられることがある。
  2. 一団地の住宅を数回に分けて販売する場合、最終回の分譲については、売主が明らかであるので、これを省略して広告してもさしつかえない。
  3. 宅地建物取引業者が宅地建物取引業法第65条第2項の規定による業務停止の処分を受けた場合、宅地建物の販売をすることはできないが、当該処分期間経過後の
    販売に関し、あらかじめ広告をすることはできる。
  4. 建売住宅の分譲について、建築確認が下りる前に「建築確認申請中」として新聞広告をした場合、宅地建物取引業法に違反して、50万円以下の罰金に処せられることがある。

「宅建過去問【1993】 平成5年 問42 宅建業法(広告の規制) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1995】 平成7年 問41 宅建業法(混合問題) 問題と解説

宅建過去問 H7 問41 宅建業法(混合問題) 問題

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者は、宅地の売買契約において、当該宅地の上に存する登記された抵当権が宅地の引渡し時までに抹消される予定である場合には、宅地建物取引業法第35条の規定に基づく重要事項の説明に際し当該抵当権の説明を省略することができる。
  2. 宅地建物取引業者が15戸の一団の建物の分譲をするに当たって、当該建物の一棟に専任の宅地建物取引士を置いた案内所を設置した場合、その案内所でなされた買受けの申込みについては、宅地建物取引業法第37条の2の規定により撤回されることがある。
  3. 宅地建物取引業者は、建物の建築工事着手前において、建築基準法第6条第1項の確認を受けていない場合であっても、当該確認を受けることを停止条件とする特約付きで建物の売買契約を締結することができる。
  4. 法人である宅地建物取引業者の代表者が宅地または建物の売買に関し誇大広告を行った場合、実際にその広告により被害を受けた人がいないときであってもその代表者だけでなく、当該法人が罰金の刑に処せられることがある。

「宅建過去問【1995】 平成7年 問41 宅建業法(混合問題) 問題と解説」の続きを読む…

【宅建業法】広告規制と未完成物件の広告,契約の開始時期について

canvas本日は広告の規制と未完成物件の広告,契約の開始時期についてお話します。

広告については宅建業者に限らず、
どの業種でもある程度規制を受けます。

この広告の規制、宅建業界にとっては非常に
厳しく細かく規制されています。
「【宅建業法】広告規制と未完成物件の広告,契約の開始時期について」の続きを読む…