宅建過去問【1996】 平成8年 問29 登録免許税 問題と解説

宅建過去問 H8 問29 登録免許税 問題

A(個人)は、自己を権利者とする地上権の設定の登記がされている土地をその土地の所有者であるBから売買により取得した。この場合におけるBからAへの当該土地の所有権の移転の登記に係る登録免許税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 納税義務を負うのは、Aのみである。
  2. 課税標準である土地の価額は、その土地について地上権が設定されていないものとした場合の土地の価額から地上権の価額を控除した額による。
  3. 税率は、登録免許税法別表第1において不動産の所有権の移転の登記に係る税率として定められている割合に50/100を乗じて計算した割合である。
  4. 当該登記を受ける場合の納税地は、A又はBのいずれかの住所を選択することができる。

「宅建過去問【1996】 平成8年 問29 登録免許税 問題と解説」の続きを読む…