宅建過去問【1998】 平成10年 問18 都市計画法 問題と解説

宅建過去問 H10 問18 都市計画法(開発許可) 問題

都市計画法の開発許可に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 市街化区域内の既に造成された宅地において、敷地面積が1,500㎡の共同住宅を建築する場合は、当該宅地の区画形質の変更を行わないときでも、原則として開発許可を受けなければならない。
  2. 市街化区域内の山林において、土地区画整理事業(規模5ヘクタール)の施行として開発行為を行う場合は、原則として開発許可を受けなければならない。
  3. 区域区分が定められていない都市計画区域内の農地において、野球場を建設するため2ヘクタールの規模の開発行為を行う場合は、原則として開発許可を受けなければならない。
  4. 市街化調整区域内の農地において、農業を営む者がその居住用の住宅を建築するため開発行為を行う場合は、原則として開発許可を受けなければならない。

「宅建過去問【1998】 平成10年 問18 都市計画法 問題と解説」の続きを読む…