【宅建でも出題があるかも?民法編】 行政書士過去問 H27-29 相隣関係

民法で満点が取りたい方のために、宅建試験でも出そうな、行政書士本試験問題を選んで掲載しています。

民法の基本知識の勉強が済んでいない方は、モチベーションが下がる可能性がありますので、
見ない方がいいと思います。
逆に多くの判例を知っておきたいと言う方は、正解不正解に関係なく、
ぜひ、挑戦して頂いて、知識を広げてください。

行政書士民法 H27-29 相隣関係 問題

甲土地を所有するAとその隣地の乙土地を所有するBとの間の相隣関係に関する記述のうち、民法の規定に照らし、正しいものはどれか。なお、次の各場合において、別段の慣習は存在しないものとする。

  1. Aは、境界線から1メートル未満の距離* において乙土地を見通すことができる窓または縁側(ベランダも含む)を設けることができるが、その場合には、目隠しを付さなければならない。
  2. 甲土地に所在するAの竹木の枝が境界線を越えて乙土地に侵入した場合に、Bは、自らその枝を切除することができる。
  3. 甲土地に所在するAの竹木の根が境界線を越えて乙土地に侵入した場合に、Bは、その根を切除することはできず、Aにその根を切除させなければならない。
  4. AおよびBが甲土地および乙土地を所有する前から甲土地と乙土地の境界に設けられていた障壁は、AとBの共有に属するものと推定されるが、その保存の費用は、A・B間に別段の約定がない限り、AとBが、甲土地と乙土地の面積の割合に応じて負担する。
  5. 甲土地内のAの建物の屋根から雨水が直接に乙土地に注がれる場合に、Bは、その雨水が注がれることを受忍しなければならない。

* (注) その距離は、窓または縁側の最も隣地に近い点から垂直線によって境界線に至るまでを測定して算出する。

「【宅建でも出題があるかも?民法編】 行政書士過去問 H27-29 相隣関係」の続きを読む…

宅建過去問【1999】 平成11年 問2 民法(相隣関係) 問題と解説

宅建過去問 H11 問2 民法(相隣関係) 問題

土地の相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、民法の規定と異なる慣習については考慮しないものとする。

  1. 土地の所有者は、隣地との境界近くで建物を築造し、又は修繕する場合でも、隣人自身の承諾を得たときを除き、隣地に立ち入ることはできない。
  2. 土地の所有者は隣地の所有者と共同の費用で境界標を設置することができるが、その設置工事の費用は、両地の広さに応じて分担しなければならない。
  3. 隣地の竹木の根が境界線を越えて侵入している場合は、これを竹木の所有者に切り取るように請求することができるが、自分で切り取ることはできない。
  4. 他人の宅地を観望できる窓又は縁側を境界線から1m未満の距離に設ける場合は、目隠しを付けなければならない。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問2 民法(相隣関係) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2004】 平成16年 問7 民法(相隣関係) 問題と解説

宅建過去問 H16 問7 民法(相隣関係) 問題

次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 土地の所有者は、隣地から雨水が自然に流れてくることを阻止するような工作物を設置することはできない。
  2. 土地の所有者は、隣地の所有者と共同の費用をもって、境界標を設置することができる。
  3. 土地の所有者は、隣地から木の枝が境界線を越えて伸びてきたときは、自らこれを切除できる。
  4. 土地の所有者は、隣地から木の根が境界線を越えて伸びてきたときは、自らこれを切除できる。

「宅建過去問【2004】 平成16年 問7 民法(相隣関係) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2009】 平成21年 問4 民法(相隣関係) 問題と解説

宅建過去問 H21 問4 民法(相隣関係) 問題

相隣関係に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 土地の所有者は、境界において障壁を修繕するために必要であれば、必要な範囲内で隣地の使用を請求することができる。
  2. 複数の筆の他の土地に囲まれて公道に通じない土地の所有者は、公道に至るため、その土地を囲んでいる他の土地を自由に選んで通行することができる。
  3. Aの隣地の竹木の枝が境界線を越えてもAは竹木所有者の承諾なくその枝を切ることはできないが、隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、Aはその根を切り取ることができる。
  4. 異なる慣習がある場合を除き、境界線から1m未満の距離において他人の宅地を見通すことができる窓を設ける者は、目隠しを付けなければならない。

「宅建過去問【2009】 平成21年 問4 民法(相隣関係) 問題と解説」の続きを読む…