宅建過去問【1998】 平成10年 問10 民法(相続の承認、放棄) 問題と解説

宅建過去問 H10 問10 民法(相続の承認、放棄) 問題

相続人が、被相続人の妻Aと子Bのみである場合(被相続人の遺言はないものとする。)の相続の承認又は放棄に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. 相続の承認又は放棄をすべき3ヵ月の期間の始期は、AとBとで異なることがある。
  2. Aが単純承認をすると、Bは、限定承認をすることができない。
  3. A及びBは限定承認をしたが、Bが相続財産を隠匿していたとき、相続債権者は、相続財産をもって弁済を受けられなかった債権額の1/2について、Bに請求できる。
  4. Aは、Bの詐欺によって相続の放棄をしたとき、Bに対して取消しの意思表示をして、遺産の分割を請求することができる。

「宅建過去問【1998】 平成10年 問10 民法(相続の承認、放棄) 問題と解説」の続きを読む…