宅建過去問【2005】 平成17年 問29 不動産鑑定評価基準 問題と解説

宅建過去問 H17 問29 不動産鑑定評価基準 問題

不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、不動産鑑定評価基準によれば、誤っているものはどれか。

  1. 不動産の鑑定評価によって求める価格は、基本的には正常価格であり、正常価格とは、市場性を有する不動産について、現実の社会経済情勢の下で合理的と考えられる条件を満たす市場で形成されるであろう市場価値を表示する適正な価格をいう。
  2. 資産の流動化に関する法律に基づく評価目的の下で、投資家に示すための投資採算価値を表す価格を求める場合は、正常価格ではなく、特定価格として求めなければならない。
  3. 取引事例比較法における取引事例は、地域要因の比較を不要とするため、近隣地域に存する不動産に係るもののうちから選択しなければならない。
  4. 収益価格を求める方法には、直接還元法とDCF(Discounted Cash Flow)法とがあるが、不動産の証券化に係る鑑定評価で毎期の純収益の見通し等について詳細な説明が求められる場合には、DCF法の適用を原則とする。

「宅建過去問【2005】 平成17年 問29 不動産鑑定評価基準 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定評価基準

canvas本日の不動産鑑定評価基準は、
法律ではありません。

不動産鑑定士が、この不動産鑑定評価基準に
従って、不動産の価格を決めていくと
行くと言う、バイブルのようなものです。

不動産鑑定士試験では、不動産鑑定評価基準を隅から隅まで丸暗記をして試験に望むのですが、

宅建試験で1問しかない問題に対しての丸暗記は効率が非常に悪いです。

ですから、まずは本日書いている内容を理解していただいた上で
あなたの見識で問題に答えていただければ、
正解を導くことは可能だと思っています。

「不動産鑑定評価基準」の続きを読む…