宅建過去問【2000】 平成12年 問45 宅建業法(保証協会) 問題と解説

宅建過去問 H12 問45 宅建業法(保証協会) 問題

宅地建物取引業者Aが宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)に加入している場合に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. Aは、宅地建物取引業を行うに当たり保証協会へ加入することが義務付けられているが、一の保証協会の社員となった後に、重ねて他の保証協会の社員となることはできない。
  2. Aは、保証協会から弁済業務保証金の還付に係る還付充当金を納付すべき旨の通知を受けたときは、その通知を受けた日から2週間以内に、通知された額の還付充当金を保証協会に納付しなければならない。
  3. Aが、保証協会から特別弁済業務保証金分担金を納付すべき旨の通知を受けた場合で、その通知を受けた日から2週間以内に、通知された額の特別弁済業務保証金分担金を保証協会に納付しないとき、Aは、社員の地位を失う。
  4. 保証協会は、Aがその一部の事務所を廃止したため弁済業務保証金分担金をAに返還しようとするときは、弁済業務保証金の還付請求権者に対し、一定期間内に保証協会の認証を受けるため申し出るべき旨を公告しなければならない。

「宅建過去問【2000】 平成12年 問45 宅建業法(保証協会) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2008】 平成20年 問44 宅建業法(保証協会) 問題と解説

宅建過去問 H20 問44 宅建業法(保証協会) 問題

宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)又はその社員に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 300万円の弁済業務保証金分担金を保証協会に納付して当該保証協会の社員となった者と宅地建物取引業に関し取引をした者は、その取引により生じた債権に関し、6,000万円を限度として、当該保証協会が供託した弁済業務保証金から弁済を受ける権利を有する。
  2. 保証協会は、弁済業務保証金の還付があったときは、当該還付に係る社員又は社員であった者に対し、当該還付額に相当する額の還付充当金を主たる事務所の最寄りの供託所に供託すべきことを通知しなければならない。
  3. 保証協会の社員は、保証協会から特別弁済業務保証金分担金を納付すべき旨の通知を受けた場合で、その通知を受けた日から1か月以内にその通知された額の特別弁済業務保証金分担金を保証協会に納付しないときは、当該保証協会の社員の地位を失う。
  4. 宅地建物取引業者は、保証協会の社員の地位を失ったときは、当該地位を失った日から2週間以内に、営業保証金を主たる事務所の最寄りの供託所に供託しなければならない。

「宅建過去問【2008】 平成20年 問44 宅建業法(保証協会) 問題と解説」の続きを読む…

【宅建業法】保証協会について

canvas前回お話しした、「営業保証金」を
積んで宅建業をはじめる宅建業者は、
実は、ほんの一握りです。

誰もが名前を知っている
企業ぐらいじゃないでしょうか?
(全体の何%とか、ごめんなさい
そこまで詳しくは知りません)

では、ほとんどの宅建業者は、どのようにしているかと言うのが
本日、お話しする「保証協会」と言うことになります。

「【宅建業法】保証協会について」の続きを読む…