不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 建築基準法④(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H26 建築基準法④ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 建築協定区域内の土地の所有者等(当該建築協定の効力が及ばないものを除く。)は、建築協定を廃止しようとする場合には、その全員の合意をもってその旨を定め、これを特定行政庁に申請してその認可を受けなければならない。
  2. 建築物の敷地で2以上のものが一団地を形成している場合において、当該一団地内の建築される一定の建築物のうち、特定行政庁が当該建築物の位置及び構造が安全上、防火上及び衛生上支障がないと認められるものに対しては、当該一団地を当該建築物の一の敷地とみなして容積率、建ぺい率等についての規定を適用する。
  3. 市町村は、地区整備計画が定められている地区計画の区域内においては、建築物の敷地、構造、建築設備又は用途に関する事項で当該地区計画の内容として定められたものを、条例で、これらに関する制限として定めることができる。
  4. 都市計画区域内においては、卸売市場、火葬場又はと畜舎、汚物処理場、ごみ焼却場その他政令で定める処理施設の用途に供する建築物は、都市計画においてその敷地の位置が決定しているものでなければ、新築し、又は増築してはならない。ただし、特定行政庁が都市計画審議会の議を経て許可した場合には、この限りではない。
  5. 特別用途地区内においては、法第48条第1項から12項までに定めるものを除くほか、その地区の指定の目的のためにする建築物の建築の制限又は禁止に関して必要な規定は、地方公共団体の条例で定める。

「不動産鑑定士 過去問 【2014】 平成26年 建築基準法④(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 建築基準法⑤(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H27 建築基準法⑤ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 政令で定める昇降機の昇降路の部分又は共同住宅の共用の廊下若しくは階段の用に供する部分の床面積については、建築物の容積率の算定の基礎となる延べ面積に算入しない。

ロ. 建築協定の目的となっている建築物に関する基準が建築物の借主の権限に係る場合においては、その建築協定については、当該建築物の借主は、土地の所有者等とみなす。

ハ. 工業地域内の建築物の建ぺい率は、10分の6又は10分の8のうち当該地域に関する都市計画において定められたものを超えてはならない。

ニ. 前面道路の幅員が12メートル未満である建築物の建ぺい率は、当該前面道路の幅員のメートルの数値に、用途地域に応じた一定の数値を乗じたもの以下でなければならない。

ホ. 法第56条の2の日影による中高層の建築物の高さの制限において、敷地境界線からの水平距離が5メートルを超える範囲における日影となる時間を算定する平均地盤面からの高さは、第二種低層住居専用地域においては4メートルである。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ロとニ
  4. ロとホ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 建築基準法⑤(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 建築基準法④(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H27 建築基準法④ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 特定用途制限地域内における建築物の用途の制限は、当該特定用途制限地域に関する都市計画に即し、政令で定める基準に従い、地方公共団体の条例で定める。
  2. 公告認定対象区域内において、法第86条第1項又は第2項の規定により一の敷地内にあるものとみなされる建築物(以下この問において「一敷地内認定建築物」という。)以外の建築物を建築しようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、当該建築物の位置及び構造が当該公告認定対象区域内の他の一敷地内認定建築物の位置及び構造との関係において安全上、防火上及び衛生上支障がない旨の特定行政庁の認定を受けなければならない。
  3. 建築物の壁若しくはこれに代る柱又は高さ2メートルを超える門若しくはへいは,壁面線を越えて建築してはならない。ただし、地盤面下の部分又は特定行政庁が建築審査会の同意を得て許可した歩廊の柱その他これに類するものについては、この限りでない。
  4. 地盤面下に設ける建築物は、建築審査会の同意を得なければ、道路内に、又は道路に突き出して建築してはならない。
  5. 特定街区内では、建築物の容積率並びに建築物の高さの最高限度及び壁面の位置の制限が都市計画において定められており、特定街区内の建築物については、敷地単位の容積率、建ぺい率の規定は適用されない。

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 建築基準法④(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 建築基準法③(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H27 建築基準法③ 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 第一種中高層住居専用地域内における建築物については、法第56条第1項第3号の規定による北側高さ制限は適用されることはない。
  2. 法第3章の規定が適用されるに至った際に現に建築物が建ち並んでいる幅員1.6メートルの道は、特定行政庁の指定により法第3章の規定における道路とみなされるが、当該指定の際、特定行政庁は、建築審査会の同意を得る必要はない。
  3. 市町村は、その区域の一部について、住宅地としての環境又は商店街としての利便を高度に維持増進する等建築物の利用を増進し、かつ、土地の環境を改善するために必要と認める場合においては、土地の所有者及び借地権を有する者が当該土地について一定の区域を定め、その区域内における建築物の敷地、位置、構造、用途、形態、意匠又は建築設備に関する基準についての協定を締結することができる旨を、都市計画で、定めることができる。
  4. 用途地域以外の地域地区の指定及び特定行政庁の許可について考慮しないものとする場合、工業地域内においては、学校は建築してはならない。
  5. 特別用途地区内においては、地方公共団体は、その地区の指定の目的のために必要と認める場合においては、国土交通大臣の承認を得ることなく、条例で、用途制限を緩和することができる。

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 建築基準法③(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 建築基準法②(混合問題)

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式 H27 建築基準法② 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 寄宿舎の敷地内においては、屋外への出口から道又は公園、広場その他の空地に通ずる通路の幅員を1.0メートル以上に設定しなければならない。
  2. 居室の天井の高さは、2.0メートル以上でなければならず、その高さは、室の床面から測り、1室で天井の高さの異なる部分がある場合においては、その平均の高さによるものとする。
  3. 2階以上の階にあるバルコニーの周囲には,安全上必要な高さが1.0メートル以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。
  4. 建築基準法第6条第1項の確認を受けた建築物について、工事が完了した場合においては、建築主は必ず完了検査を申請しなければならない。
  5. 特定行政庁は、建築基準法令の規定に違反した建築物について、緊急の必要がある場合においては、当該建築物の建築主等に対して、一定の手続によらないで直ちに除却の命令を出すことができる。

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 建築基準法②(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 都市計画法③(混合問題)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H14 都市計画法③ 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものがどれか。

  1. 都市計画区域は、自然的及び社会的条件、人口、土地利用、交通量等に関する現況及び推移を勘案して、一体の都市として総合的に整備し、開発し、及び保全する必要がある区域である。
  2. 準都市計画区域とは、都市計画区域外に拡大していく都市的土地利用に対応し、用途の無秩序な混在や良好な環境の喪失を防ぐため、用途地域、風致地区等土地利用の整序に必要な都市計画を定められることとした区域である。
  3. 市町村は、都市計画区域を指定しようとするときは、あらかじめ関係市町村の意見を聴くとともに、都道府県知事に協議し、その同意を得なければならない。
  4. 都市計画区域について定められる都市計画は、国土形成計画、首都圏整備計画等の国土計画及び道路、河川等に関する国の計画に適合しなければならない。
  5. 準都市計画区域については、都市計画に、市街地開発事業を定めることができない。

「不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 都市計画法③(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 都市計画法②(混合問題)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H14 都市計画法② 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 地区計画は、それぞれの地区にふさわしい良好な環境を形成するためのきめ細かな計画であり、用途地域が定められていない土地の区域では策定できない。
  2. 都市計画に定める地区計画等の案は、意見の提出方法等について都道府県の条例で定めるところにより、土地所有者又は利害関係人の意見を求めて作成される。
  3. 市町村は、都市計画について都市計画決定しようとするときは、あらかじめ都道府県知事に協議し、その同意を得た後で、国土交通大臣に協議し、その同意を得なければならない。
  4. 都道府県又は市町村は、都市計画の案を縦覧する際には、当該都市計画を決定しようとする理由を記載した書面を添えなければならない。
  5. 国の機関、都道府県及び市町村以外の者でも、国土交通大臣の認可を受ければ、都市計画事業を施工することができる場合がある。

「不動産鑑定士 過去問 【2002】 平成14年 都市計画法②(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2003】 平成15年 都市計画法(混合問題)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H15 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 都市計画とは、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るための土地利用、都市施設の整備及び市街地開発事業に関する計画をいい、全ての都市計画は、市町村が、都道府県に協議した上で定めることとされている。
  2. 都市計画区域について無秩序な市街化を防止し、計画的な市街化を図るため必要があるときは、都市計画に、市街化区域と市街化調整区域との区分を定めることができるが、市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域であるため、都市施設を定めることはできない。
  3. 開発行為とは、建築物の建築又は特定工作物の建設をいい、開発区域とは、開発行為をする土地の区域をいう。
  4. 都道府県は、一体の都市として総合的に整備し、開発し、及び保全する必要がある区域を都市計画区域として指定するものとし、都市計画区域については、必ず用途地域を定めなければならない。
  5. 都市計画事業とは、都市計画法の規定による認可又は承認を受けて行われる都市計画施設の整備に関する事業及び市街地開発事業をいう。

「不動産鑑定士 過去問 【2003】 平成15年 都市計画法(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2005】 平成17年 都市計画法③(混合問題)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H17 都市計画法③ 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 国土交通大臣が、2以上の都道府県の区域にわたる都市計画区域を指定する際に、関係都道府県が意見を述べようとする場合は、あらかじめ関係市町村及び都道府県都市計画審議会の意見を聴かなければならない。
  2. 都道府県は、都市計画区域について、おおむね5年ごとに都市計画に関する基礎調査を行うものとする。
  3. 都市計画区域について定められている都市計画は、当該都市計画区域の整備、開発及び保全の方針に即したものでなければならない。
  4. 都市計画区域、準都市計画区域のいずれの区域についても、土地の所有者は、都道府県又は市町村に対し、都市計画の決定又は変更を提案することができる。
  5. 準都市計画区域の全部又は一部について都市計画区域が指定されているとき、当該都市計画区域と重複する区域内において定められている都市計画は、当該準都市計画区域について定められているものとみなす。

「不動産鑑定士 過去問 【2005】 平成17年 都市計画法③(混合問題)」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2006】 平成18年 都市計画法(混合問題)

不動産鑑定士試験での都市計画法は、宅建士試験と比べ多少
難易度が高いですが、この鑑定士の問題ができるようでしたら、
宅建士の都市計画は、問題なく解けると思いますから、
ぜひ、力試しだと言う気持ちで、挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式 H18 都市計画法 問題

都市計画法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 市街化区域は、すでに市街地を形成している区域及びおおむね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域であり、少なくとも用途地域を定めなければならない。
  2. 都市計画区域について定められる都市計画は、首都圏整備計画等の国土計画又は地方計画だけでなく、道路、河川等に関する国の計画に適合しなければならない。
  3. 都市計画区域の整備、開発及び保全の方針に関する都市計画は都道府県が定め、区域区分に関する都市計画は市町村が定める。
  4. 都市計画を決定しようとするときは、あらかじめ、その旨を公告し、当該都市計画の案を、当該都市計画を決定しようとする理由を記載した書面を添えて、当該公告の日から2週間公衆の縦覧に供しなければならない。
  5. 国の機関、都道府県及び市町村以外の者は、事業の施行に関して行政機関の免許、許可、認可等の処分を必要とする場合においてこれらの処分を受けているときは、都道府県知事の認可を受けて、都市計画事業を施行することができる。

「不動産鑑定士 過去問 【2006】 平成18年 都市計画法(混合問題)」の続きを読む…