宅建過去問【2014】 平成26年 問10 民法(法定相続分計算問題) 問題と解説

宅建過去問 H26 問10 民法(法定相続分計算問題) 問題

Aには、父のみを同じくする兄Bと、両親を同じくする弟C及び弟Dがいたが、C及びDは、Aより先に死亡した。Aの両親は既に死亡しており、Aには内縁の妻Eがいるが、子はいない。Cには子F及び子Gが、Dには子Hがいる。Aが、平成26年8月1日遺言を残さずに死亡した場合の相続財産の法定相続分として、民法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. Eが1/2、Bが1/6、Fが1/9、Gが1/9、Hが1/9 である。
  2. Bが1/3、Fが2/9、Gが2/9、Hが2/9 である。
  3. Bが1/5、Fが1/5、Gが1/5、Hが2/5 である。
  4. Bが1/5、Fが4/15、Gが4/15、Hが4/15 である。

「宅建過去問【2014】 平成26年 問10 民法(法定相続分計算問題) 問題と解説」の続きを読む…