宅建過去問【2016】 平成28年 問1 民法(条文規定) 問題と解説

平成28年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H28年 問1 民法(条文規定) 問題

次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。

  1. 利息を生ずべき債権について別段の意思表示がないときは、その利率は、年3%とする旨
  2. 賃貸人は、賃借人が賃貸借に基づく金銭債務を履行しないときは、敷金をその債務の弁済に充てることができる旨
  3. 免責的債務引受は、債権者と引受人となる者との契約によってすることができる旨
  4. 契約により当事者の一方が第三者に対してある給付をすることを約したときは、その第三者は、債務者に対して直接にその給付を請求する権利を有する旨

「宅建過去問【2016】 平成28年 問1 民法(条文規定) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2015】 平成27年 問1 民法(民法条文規定) 問題と解説

平成27年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H27 問1 民法(民法条文規定) 問題

次の記述のうち、民法の条文に規定されているものはどれか。

  1. 債務の不履行に基づく人の生命又は身体の侵害による損害賠償請求権は、権利を行使することができる時から20年間行使しないときは、時効によって消滅する旨
  2. 事業のために負担した貸金債務を主たる債務とする保証契約は、保証人になろうとする者が、契約締結の日の前1か月以内に作成された公正証書で保証債務を履行する意思を表示していなければ無効となる旨
  3. 併存的債務引受は、債権者と引受人となる者との契約によってすることができる旨
  4. 債務の不履行に関して債権者に過失があったときは、裁判所は、これを考慮して、損害賠償の責任及びその額を定める旨

「宅建過去問【2015】 平成27年 問1 民法(民法条文規定) 問題と解説」の続きを読む…