宅建過去問【1991】 平成3年 問10 民法(贈与) 問題と解説

宅建過去問 H3年 問10 民法(贈与) 問題

AのBに対する土地の贈与(何らの負担もないものとする。)に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. その贈与が書面によらないものであっても、Bにその土地の所有権移転登記がなされたときは、Aは、その贈与を撤回することができない。
  2. その贈与が書面によるか否かを問わず、その土地に瑕疵があっても、Aは、そのことを知らなかったときは、Bに対して瑕疵の責任を負わない。
  3. その贈与が書面による死因贈与であっても、Aは、後にその土地を第三者に遺贈することができる。
  4. その贈与が書面による死因贈与であったときは、Aは、後に遺言によりその贈与を撤回することができない。

「宅建過去問【1991】 平成3年 問10 民法(贈与) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-15 民法(贈与) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H15-15 民法(贈与) 問題

Aが所有するマンションの1室をその子Bに贈与する場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

  1. AのBに対する贈与契約が口頭でなされた場合に、Aは、Bにマンションの登記を移転した後においても、贈与契約を撤回することができる。
  2. Aは、マンションをBに贈与する旨の契約を書面によって行った場合、特段の事情がなくても贈与契約を撤回することができる。
  3. 贈与がAの死亡により効力が発生するものである場合は、その贈与は、遺言の方式によらなければならない。
  4. Aのローンの返済をBが行うことを条件とすることを明示して贈与がなされた場合において、Bがローンの返済を全くしないときは、Aは、贈与契約を解除することができる。

「宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-15 民法(贈与) 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1998】 平成10年 問9 民法(贈与) 問題と解説

宅建過去問 H10 問9 民法(贈与) 問題

Aは、Bから建物を贈与(負担なし)する旨の意思表示を受け、これを承諾したが、まだBからAに対する建物の引渡し及び所有権移転登記はされていない。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。

  1. 贈与が書面によらない場合であっても、Aが第三者Cに対して本件建物を売却する契約を締結した後は、Bは、本件贈与を撤回することができない。
  2. 贈与が書面によるものである場合で、Bが建物の所有権移転登記に応じないとき、Aは、Bに対して当該登記を求める訴えを裁判所に提起することができる。
  3. 贈与契約締結後に、本件建物にしろありの被害のあることが判明したが、Bがその被害の存在を知らなかった場合、Bは、しろありの被害による建物の減価分についてAに対し担保責任を負わない。
  4. 贈与が死因贈与であった場合、それが書面によるものであっても、特別の事情がない限り、Bは、後にいつでも贈与を撤回することができる。

「宅建過去問【1998】 平成10年 問9 民法(贈与) 問題と解説」の続きを読む…