宅建過去問【2005】 平成17年 問12 民法(遺言/遺留分) 問題と解説

宅建過去問 H17 問12 民法(遺言/遺留分) 問題

遺言及び遺留分に関する次の記述のうち、民法の規定によれば正しいものはどれか。

  1. 自筆証書による遺言をする場合、証人二人以上の立会いが必要である。
  2. 自筆証書による遺言書を保管している者が、相続の開始後、これを家庭裁判所に提出してその検認を経ることを怠り、そのままその遺言が執行された場合、その遺言書の効力は失われる。
  3. 適法な遺言をした者が、その後更に適法な遺言をした場合、前の遺言のうち後の遺言と抵触する部分は、後の遺言により取り消したものとみなされる。
  4. 法定相続人が配偶者Aと子Bだけである場合、Aに全財産を相続させるとの適法な遺言がなされた場合、Bは遺留分権利者とならない。

「宅建過去問【2005】 平成17年 問12 民法(遺言/遺留分) 問題と解説」の続きを読む…