宅建過去問【1998】 平成10年 問48 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H10 問48 建物の知識 問題

木造建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 枠組壁工法は、木材で組まれた枠組みに構造用合板等を釘打ちした壁及び床により構造体が形成される。
  2. 建築物の設計においては、クリープ(一定過重のもとで時間の経過とともに歪みが増大する現象)を考慮する必要がある。
  3. 建築物に用いる木材は、気乾状態に比べて湿潤状態の方が強度が大きくなるが、湿潤状態では、しろあり等の虫害や腐朽薗の害を受けやすい。
  4. 鉄筋コンクリート造の布基礎とすれば、耐震性を向上させることができる。

「宅建過去問【1998】 平成10年 問48 建物の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【1999】 平成11年 問50 建物について 問題と解説

宅建過去問 H11 問50 建物について 問題

建築物に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 鉄筋コンクリート造の柱については、主筋は4本以上とし、主筋と帯筋は緊結しなければならない。
  2. 枠組壁工法は、主に柱の耐力によって地震などの外力に抵抗する方式であるため耐震性が高い。
  3. 自然換気設備を設ける場合においては、給気口をできるだけ低くし、排気口をできるだけ高くするのがよい。
  4. 杭基礎は、建築物自体の重量が大きく、浅い地盤の地耐力では建築物が支えられない場合に用いられる。

「宅建過去問【1999】 平成11年 問50 建物について 問題と解説」の続きを読む…