建築確認制度

WS000001建築基準法は建築物の集団規定や単体規定をすることで、建築物の安全性維持や周辺地域との調和を図っていますが、これらの規制が確実に実行されるように、建築物の事前確認が必要となります。
この事前審査の制度が、建築確認制度です。

 

ですから、建築主は、以下の一定の建築物を建築しようとする場合には、
工事着工に建築基準法に適合するかどうか、建築主事または指定確認検査機関の
確認を受け、確認済証の交付を受けなければならないとされているのです。

「建築確認制度」の続きを読む…