宅建過去問【2017年】 平成29年 問50 建物に関する知識 問題と解説

平成29年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H29年 問50 建物に関する知識 問題

建物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。
  2. 鉄筋は、炭素含有量が多いほど、引張強度が増大する傾向がある。
  3. 常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しい。
  4. 鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震性、耐風性にも優れた構造である。

「宅建過去問【2017年】 平成29年 問50 建物に関する知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2003】 平成15年 問50 建物について 問題と解説

宅建過去問 H15 問50 建物について 問題

建築物の材料に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 集成材は、単板等を積層したもので、伸縮・変形・割れなどが生じにくくなるため、大規模な木造建築物の骨組みにも使用される。
  2. 木材の強度は、含水率が大きい状態の方が大きくなるため、建築物に使用する際には、その含水率を確認することが好ましい。
  3. 鉄筋コンクリート造に使用される骨材、水及び混和材料は、鉄筋をさびさせ、又はコンクリートの凝結及び硬化を妨げるような酸、塩、有機物又は泥土を含んではならない。
  4. 鉄は、炭素含有量が多いほど、引張強さ及び硬さが増大し、伸びが減少するため、鉄骨造には、一般に炭素含有量が少ない鋼が用いられる。

「宅建過去問【2003】 平成15年 問50 建物について 問題と解説」の続きを読む…