宅建過去問【1995】 平成7年 問2 民法(対抗関係) 問題と解説

宅建過去問 H7 問2 民法(代理)問題

Aの所有する土地をBが取得した後、Bが移転登記をする前に、CがAから登記を移転した場合に関する次の記述のうち、民法及び不動産登記法の規定並びに判例によれば、BがCに対して登記がなければ土地の所有権を主張できないものはどれか。

  1. BがAから購入した後、AがCに仮装譲渡し、登記をC名義に移転した場合
  2. BがAから購入した後、CがBを強迫して登記の申請を妨げ、CがAから購入して登記をC名義に移転した場合
  3. BがAから購入し、登記手続きをCに委任したところ、Cが登記をC名義に移転した場合
  4. Bの取得時効が完成した後、AがCに売却し、登記をC名義に移転した場合

「宅建過去問【1995】 平成7年 問2 民法(対抗関係) 問題と解説」の続きを読む…