宅建過去問【1996】 平成8年 問1 土地の知識 問題と解説

宅建過去問 H8 問1 土地の知識 問題

土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 扇状地については、大縮尺の地形図や空中写真によって、土石流や洪水流の危険度をある程度判別できることが多い。
  2. 崖錐堆積物は、一般的に透水性が低く、基盤との境付近が水の通り道となって、そこをすべり面とした地すべりが生じやすい。
  3. 自然堤防は、主に砂や小礫からなり、排水性がよく地盤の支持力もあるため、宅地として良好な土地であることが多い。
  4. 旧河道は、それを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるとき、軟弱地盤となって地盤の支持力が小さく、宅地には不適当であることが多い。

「宅建過去問【1996】 平成8年 問1 土地の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2014】 平成26年 問49 土地の知識 問題と解説

宅建過去問 H26 問49 土地の知識 問題

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 旧河道は、地震や洪水などによる災害を受ける危険度が高い所である。
  2. 地盤の液状化は、地盤の条件と地震の揺れ方により、発生することがある。
  3. 沿岸地域は、津波や高潮などの被害を受けやすく、宅地の標高や避難経路を把握しておくことが必要である。
  4. 台地や丘陵の縁辺部は、豪雨などによる崖崩れに対しては、安全である。

「宅建過去問【2014】 平成26年 問49 土地の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2002】 平成14年 問49 土地について 問題と解説

宅建過去問 H14 問49 土地について 問題

土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 旧河道でそれを埋める堆積物の上部が厚い粘土質からなるときは、軟弱地盤である可能性が高い。
  2. 宅地予定地周辺の擁壁や側溝、道路等にひび割れが見られる場合、地すべりが活動している可能性が高い。
  3. 河川近傍の低平地で盛土を施した古い家屋が周辺に多いのは、洪水常習地帯である可能性が高い。
  4. 丘陵地帯で地下水位が深く、固結した砂質土で形成された地盤の場合、地震時は液状化する可能性が高い。

「宅建過去問【2002】 平成14年 問49 土地について 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2004】 平成16年 問50 土地の知識 問題と解説

宅建過去問 H16 問50 土地の知識 問題

土地に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 旧河道は軟弱で水はけの悪い土が堆積していることが多く、宅地として選定する場合は注意を要する。
  2. 切土斜面は、掘削後時間とともに安定化が進むので、切土掘削直後の斜面安定が確認できれば以後は安心である。
  3. 建物の基礎の支持力は、粘土地盤よりも砂礫地盤の方が発揮されやすい。
  4. 台地は、一般に水はけがよく地盤が安定しているので宅地に適する。

「宅建過去問【2004】 平成16年 問50 土地の知識 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2007】 平成19年 問49 土地の知識 問題と解説

宅建過去問 H19 問49 土地の知識 問題

地盤の特徴に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 谷底平野は、周辺が山に囲まれ、小川や水路が多く、ローム、砂礫等が堆積した良質な地盤であり、宅地に適している。
  2. 後背湿地は、自然堤防や砂丘の背後に形成される軟弱な地盤であり、水田に利用されることが多く、宅地としての利用は少ない。
  3. 三角州は、河川の河口付近に見られる軟弱な地盤であり、地震時の液状化現象の発生に注意が必要である。
  4. 旧河道は、沖積平野の蛇行帯に分布する軟弱な地盤であり、建物の不同沈下が発生しやすい。

「宅建過去問【2007】 平成19年 問49 土地の知識 問題と解説」の続きを読む…