宅建過去問【1994】 平成6年 問14 区分所有法 問題と解説

宅建過去問 H6 問14 区分所有法 問題

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 共有部分は、区分所有者全員の共有の登記を行わなければ、第三者に対抗することができない。
  2. 敷地利用権が数人で有する所有権の場合、区分所有者は、規約に別段の定めがない限り、その有する専有部分とその専有部分に係る敷地利用権とを分離して、処分することができる。
  3. 建物の管理に要する経費の負担については、規約で定めることができ、規約の設定は、区分所有者及び議決権の各3/4以上の多数による集会の決議によってなされる。
  4. 建物の区分所有等に関する法律第62条の建替えの決議が集会においてなされた場合、当該決議に賛成しなかった区分所有者も、建替えに参加しなければならない。

「宅建過去問【1994】 平成6年 問14 区分所有法 問題と解説」の続きを読む…

区分所有法

canvas本日は、区分所有法です。

正式名称は「建物の区分所有等に
関する法律」というのですが、

H13年に、マン管の資格が登場したため
そんなに難しい個所からの出題は
今後はないと思います。

ですから、宅建で出題が多い個所だけを集中的にやれば、
1点は取れると思います^^

「区分所有法」の続きを読む…