宅建過去問【1991】 平成3年 問26 土地区画整理法 問題と解説

宅建過去問 H3年 問26 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業の換地処分に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 換地処分は、換地計画において定められた関係事項を公告することにより行われる。
  2. 換地処分は、原則として換地計画に係る区域の全部について土地区画整理事業の工事が完了した後において行わなければならない。
  3. 土地区画整理事業の施行により行使する利益がなくなった地役権は、換地処分に係る公告があった日が終了した時において消滅する。
  4. 換地計画において定められた清算金は、換地処分に係る公告があった日の翌日において確定する。

「宅建過去問【1991】 平成3年 問26 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…

不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 土地区画整理法②(換地処分)

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式 H27② 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 市町村が施行する土地区画整理事業の換地計画においては、その土地区画整理事業の施行後の宅地の価額の総額がその土地区画整理事業の施行前の宅地の価額の総額を超える場合においては、土地区画整理事業の施行の費用に充てるため、その差額に相当する金額を超えない価額の一定の土地を換地として定めないで、その土地を保留地として定めることができる。

ロ. 換地処分は、別段の定めがある場合を除き、換地計画に係る区域の全部について土地区画整理事業の工事が完了した後において、遅滞なく、しなければならない。

ハ. 換地処分の公告があった場合においては、換地計画において定められた換地は、その公告があった日から従前の宅地とみなされる。

ニ. 土地区画整理事業の施行により公共施設が設置された場合においては、その公共施設は、別段の定めがある場合を除き、換地処分の公告があった日の翌日において、その公共施設の所在する都道府県の管理に属するものとする。

  1. イとロ
  2. イとニ
  3. ロとハ
  4. ロとニ
  5. ハとニ

「不動産鑑定士 過去問 【2015】 平成27年 土地区画整理法②(換地処分)」の続きを読む…

宅建過去問【1998】 平成10年 問23 土地区画整理法 問題と解説

宅建過去問 H10 問23 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業における換地処分に関する次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 換地処分は、換地計画に係る区域の全部について土地区画整理事業の工事がすべて完了した場合でなければ、することができない。
  2. 土地区画整理組合が施行する土地区画整理事業の換地計画において保留地が定められた場合、当該保留地は、換地処分の公告のあった日の翌日においてすべて土地区画整理組合が取得する。
  3. 換地処分の公告があった日後においては、施行地区内の土地及び建物に関して、土地区画整理事業の施行による変動に係る登記が行われるまで、他の登記をすることは一切できない。
  4. 土地区画整理事業の施行により公共施設が設置された場合、施行者は、換地処分の公告のあった日の翌日以降に限り、公共施設を管理する者となるべき者にその管理を引き継ぐことができる。

「宅建過去問【1998】 平成10年 問23 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2001】 平成13年 問22 土地区画整理法 問題と解説

宅建過去問 H13 問22 土地区画整理法 問題

土地区画整理法における土地区画整理事業に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 施行者が、道路法にいう道路の用に供する土地を、道路管理者の了解を得ることなく造成した場合でも、当該道路管理者は、施行者に対して、その造成費用の全部を支払わなければならない。
  2. 施行者は、仮換地の指定を行うに当たっては、従前の宅地について抵当権を有する者に対して、仮換地について仮にその目的となるべき宅地又はその部分を指定しなければならない。
  3. 換地処分があった場合、従前の宅地に存した未登記及び未申告の借地権は、その公告があった日が終了した時において消滅し、従前の宅地とみなされる換地について存続することはない。
  4. 土地区画整理組合が成立した場合において、施行地区内の宅地について所有権又は借地権を有する者はすべて組合員となるが、施行地区内の借家人は組合員とはならない。

「宅建過去問【2001】 平成13年 問22 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2003】 平成15年 問22 土地区画整理法 問題と解説

宅建過去問 H15 問22 土地区画整理法 問題

土地区画整理事業の換地処分に関する次の記述のうち、土地区画整理法の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 換地処分は、施行者が換地計画において定められた関係事項を公告してするものとされている。
  2. 施行地区内の宅地について存する地役権は、行使する利益がなくなった場合を除き、換地処分に係る公告があった日の翌日以後においても、なお従前の宅地の上に存する。
  3. 換地処分に係る公告後、従前の宅地について存した抵当権は消滅するので、換地に移行することはない。
  4. 土地区画整理事業の施行により生じた公共施設の用に供する土地は、換地処分に係る公告があった日の翌日において、すべて市町村の管理に属する。

「宅建過去問【2003】 平成15年 問22 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…

宅建過去問【2005】 平成17年 問23 土地区画整理法 問題と解説

宅建過去問 H17 問23 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 土地区画整理組合が総会の議決により解散しようとする場合において、その組合に借入金があるときは、その解散についてその債権者の同意を得なければならない。
  2. 土地区画整理組合は、その事業に要する経費に充てるため、賦課金として参加組合員以外の組合員に対して金銭を賦課徴収することができるが、当該組合に対する債権を有する参加組合員以外の組合員は、賦課金の納付について、相殺をもって組合に対抗することができる。
  3. 換地処分の公告があった場合においては、換地計画において定められた換地は、その公告があった日の翌日から従前の宅地とみなされるため、従前の宅地について存した抵当権は、換地の上に存続する。
  4. 公共施設の用に供している宅地に対しては、換地計画において、その位置、地積等に特別の考慮を払い、換地を定めることができる。

「宅建過去問【2005】 平成17年 問23 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…

土地区画整理法

WS000003

宅建試験においては、土地区画整理法から1問は
出題がありますが、

結構複雑な法律ですので、あまり深入りせずに、
「仮換地」と「換地処分」等の用語をしっかり押さえて

過去問を中心に知識を広げていく方がいいと思います。
ここでは、基本的な事項のみを 説明しておきます。

「土地区画整理法」の続きを読む…