宅建過去問【1994】 平成6年 問5 民法(連帯保証人と抵当不動産の第三取得者) 問題と解説

宅建過去問 H6 問5 民法(連帯保証人と抵当不動産の第三取得者) 問題

AのBに対する債務について、CがAの連帯保証人となるとともに、Aの所有地にBの抵当権を設定し、その登記をしたが、その後Aは、その土地をDに譲渡し、登記も移転した。この場合、民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち誤っているものはどれか。

  1. Aは、その土地をDに譲渡する際、B及びCに通知する必要はない。
  2. Bは、抵当権を実行する際、あらかじめDに通知する必要はない。
  3. CがDの取得前にBに弁済した場合、Cは、Aに対してBに代位することができるが、Dに対しては、代位の付記登記をしておかなければ、Bに代位することができない。
  4. DがBに弁済した場合、Dは、A及びCに対してBに代位することができる。

「宅建過去問【1994】 平成6年 問5 民法(連帯保証人と抵当不動産の第三取得者) 問題と解説」の続きを読む…